アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • アイスリボン1167 in SKIPシティ
  • アイスリボン後楽園ホール大会「RIBBONMANIA2021
  • アイスリボン
  • アイスリボン1164 in 176BOX
  • 横浜リボン2021・Dec.
  • 【たまプロフェスタ】クリスマススペシャル ラストP’sParty 第94戦
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2021-10-16

【遠征レポート】10/12 グアダラハラ 試合レポート



長かったメキシコCMLLツアーもこれが最終戦。最後の大会は12日、アレナグアダラハラの火曜定期戦がその舞台となった。

新ドロップキッカーズを待ち構えていたのはシルエタ&ジュビア&ナウチカ。シルエタは女子版グランプリの決勝を藤本と争い、その覇者となった。

藤本との因縁はそれ以来続いており、この日もまた入場してきた藤本とにらみ合い。そしてリングサイドにいた日本人カメラマンをも足蹴にするなど、完全に意識的な動きを見せる。



この日も日本対メキシコ対抗戦と銘打たれたが、ここに来て日本人選手にもメキシコ軍に負けないほどの声援が飛んでいた。

CMLL参戦からちょうど2週間、これが8戦目の戦いでファンは完全に新ドロップキッカーズを認知している。

キャプテンは藤本とシルエタ。1本目、メキシコ軍は藤本、つくし、向後と代わる代わる3人で攻撃を仕掛けていく。藤本がエプロンからのプランチャでナウチカの動きを止めたが、その間にリング上ではシルエタがつくし、ジュビアが向後を仕留めて、まずは1本目、メキシコ軍が先取した。



2本目、つくしがティヘラでシルエタを投げると、その間に藤本と向後がジュビアとナウチカにダブルのドロップキック。そしてメキシコでおなじみとなったお参りのポーズを見せる。メキシコのファンからは大歓声が起こった。



藤本&向後のダブルドロップキックからつくしが低空の顔面キック。そして向後が弓矢固めに捕らえたところにつくしがフットスタンプと連携を見せる。





そしてつくし&向後がダブルのマヒストラルを決めている間に、藤本がシルエタをたいようちゃんボムで抑え、1対1のイーブンに持ち込んだ。



3本目、つくしがシルエタにアームホイップからティヘラ、藤本もジュビアにコルバタを見せると、向後が振り返り式のボディアタックをナウチカへ。そして、藤本&つくしがダブルのウラカンラナをシルエタとジュビアに決める。









怒りのシルエタ、ジュビアは藤本を捕まえるが、それぞれドロップキックが誤爆し、2度とも同士討ちに。これにはシルエタとジュビア、それぞれが怒りを見せて小競り合いに。ナウチカが止めに入るも、そのスキを付いて、つくしがジュビア、藤本がシルエタを丸めこんで決勝フォール。最後は日本陣営の勝利という結果でツアーを締めくくることができた。



「終わりよければすべてよし、勝ちましたー!ビバハポンだけど、ビバメヒコ!」(藤本)

「3人の絆ができましたね。日本で試合するのが楽しみになりましたね」(つくし)

「私たちのほうが声援、大きかったですよね。よかったです、私も一瞬、幻聴かなって思ったんですけど、ああ、自分たちのほうが大きいんだなって思いました」(向後)

とコメントでも最後は勝って締めくくったことで、それぞれ笑顔があふれる。そして、3人は「グラシアス、メヒコー!(メキシコ、ありがとう)」と感謝の言葉でツアーを総括した。

これにて全日程が終了。メキシコで得たものをこれから日本でどのように発揮するか。帰国後の3選手の活躍を楽しみに待ちたい。

■10月12日 アレナグアダラハラ
▽日本対メキシコ対抗戦
藤本つかさ&つくし&向後桃(2-1)ダーク・シルエタ&ジュビア&ナウチカ

〈記事・写真提供:泉井弘之介〉

    ★発売中!
  • 2021/12/12大阪
  • 2021/12/26SKIP
  • 2021/12/31後楽園
  • 2022/01/09SKIP
  • 2022/01/16SKIP
  • 2022/01/30名古屋
  • ★12/12より発売!
  • 2022/03/27大阪

  • イベントレポート