アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • アイスリボン1164 in 176BOX
  • 横浜リボン2021・Dec.
  • 【たまプロフェスタ】クリスマススペシャル ラストP’sParty 第94戦
  • アイスリボン1167 in SKIPシティ
  • アイスリボン後楽園ホール大会「RIBBONMANIA2021
  • アイスリボン
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2021-10-01

【遠征レポート】メキシコ初日




28日、メキシコCMLLツアーに参戦する藤本つかさ、春輝つくし、向後桃が成田空港からメキシコへ向けて出発した。出発前には週刊プロレス誌の取材を受け、それぞれが思い思いの心境を語った。
3人のなかで、藤本は2012年7月以来、約9年ぶりのメキシコ登場、春輝つくしは2020年2月以来1年半ぶり、向後桃は今回が初遠征となる。

現地時間の同じく28日、メキシコに到着した3人は CMLLの送迎によるバンに乗り込み、そのままPCR検査へ。CMLLは感染症対策を徹底しており、参戦選手の検査は義務づけられている。




その後、3人はアレナメヒコ火曜定期戦へ向かい、女子の試合を視察。CMLLのご厚意によりリングサイド 最前列を用意してもらった。女子のタッグマッチ後には、アマポーラが最前列にいたつくしを見つけて挑発。早くも10月8日の女子初となるグランプリに向けて火花が散らされた。また、メインには藤本、つくしへ練習を指導したことで関係の深いネグロ・カサスが登場。ネグロがルード軍の反則攻撃に合うと、現地のファンと同じようにブーイングを飛ばす経験も。また、2本目のフィニッシュを元祖ラ・マヒストラルで取ると、3人も大歓声を送った。同じようにマヒストラルを得意にする向後も元祖の技を生で見て大いに感銘を受けていた。
成田から休む間もなく動き回った3人だが、元気そのもの。今回のツアーでどれだけの経験を積んで帰国できるか、楽しみな幕開けとなった。

    ★発売中!
  • 2021/12/12大阪
  • 2021/12/26SKIP
  • 2021/12/31後楽園
  • 2022/01/09SKIP
  • 2022/01/16SKIP
  • 2022/01/30名古屋
  • ★12/12より発売!
  • 2022/03/27大阪

  • イベントレポート