月〜

試合結果

アイスリボン蒲田大会

2023年04月01日 開始時間 12時00分〜 / 開場時刻 11時30分



アイスリボン蒲田大会
2023年4月1日(土)大田区産業プラザPiO小展示ホール
11時30分開場/12時00分開始
観衆:149人

◆第1試合 シングルマッチ15分1本勝負
○AKARI(6分56秒 体固め)咲蘭×
※ローリングラリアット

◆第2試合 オンリーギブアップマッチ15分1本勝負
○鈴木ユラ(7分31秒 腕ひしぎ十字固め)海乃月×

◆第3試合 タッグマッチ20分1本勝負
○トトロさつき&キク(8分15秒 ボストンバッグ)Yappy&HisokA×

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
谷もも&×松下楓歩(12分11秒 回転足折り固め)櫻井裕子&大空ちえ○

◆第5試合 シングルマッチ15分1勝負
△安納サオリ(時間切れ引き分け)星いぶき△

◆第6試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 30分1本勝負
[王者]真琴&○星ハム子(18分6秒 片エビ固め)柳川澄樺&神姫楽ミサ×[挑戦者]
※ダイビングボディプレス
※第59代王者組が初防衛に成功


【試合前】


入場式の前にMIOレフェリーが藤本のガウンを着て、リングに登場。そして、MIOの体を借りる形で降臨した藤本つかさが今年で3回目となる藤本の地元興行・利府リボンを藤本の誕生日でもある7月30日に開催することを発表。まだ試合ができない藤本は当日、トークショーを行う予定。


◆第1試合 シングルマッチ15分1本勝負
○AKARI(6分56秒 体固め)咲蘭×
※ローリングラリアット



体格の差は一目瞭然のAKARIに、咲蘭がシングルで挑んだ。先制攻撃はAKARI。ヘッドロックからロープの反動を利用した攻撃からビックブーツを決め早くもカバーに入る。カウント2で返した咲蘭だが、AKARIはすぐにグラウンドへ移行し、三角絞めを決める。ロープに逃れた咲蘭は、AKARIにコーナーに振られるも、AKARIの串刺し攻撃をかわしての串刺しドロップキックを決めると、コルバタから低空ドロップキックをヒットさせる。さらにエルボー攻撃に出る咲蘭。AKARIもエルボーを返しながら、咲蘭のエルボーの腕をキャッチして脇固めに移行する。



ロープに逃れた咲蘭に619を決め、カバーに入るAKARI。カウント2で返した咲蘭はAKARIに抱え上げられながら切り返したおんぶスリーパーへ。さらにグランドで胴絞めスリーパーに移行。ロープに逃れたAKARIは切り返しで咲蘭をコーナーに振るが、咲蘭は高角度の回転エビ固めで切り返しカバーもカウントは2。さらにコーナー2段目からのAKARIのドロップキックをかわした咲蘭はフットスタンプ、ダイビングフットスタンプを続けて決めカバーに入るもAKARIがカウント2でキックアウト。丸め込み合戦から咲蘭がエルボー連打を決め、自らロープに飛ぶが、ここでAKARIがカウンターのローリングラリアットを決め、そのまま浴びせ倒してカバー。後半、攻め込んだ咲蘭だが、最後はウエイト差をまともに浴び、カウント3を喫した。




◆第2試合 オンリーギブアップマッチ15分1本勝負
○鈴木ユラ(7分31秒 腕ひしぎ十字固め)海乃月×



3月4日『1263』大会で10分ドローに終わっているユラと海乃のシングル再戦は勝敗がギブアップのみで決するオンリーギブアップマッチとして行われた。握手の手を引き込んで先制のグラウンドに持ち込んだのは海乃。足を抱え込みながらユラの首を決めにいった海乃。ロープに逃れたユラの顔面を踏みつけるとエプロンでの片足ドロップキックをユラの顔面にヒット。リングに戻ってカバーに入るも、フォールはノーカウント。すぐにスタンディングの裏アキレス腱固めを決めた海乃。ユラはなんとか体を反転させて海乃を蹴り上げる。倒れた海乃にかぶさったユラはバックからのスリーパー。これを反転した海乃は馬乗になるとアキレス腱固め。苦しみながらユラもアキレス腱固めを逆に仕掛ける。ロープに逃れた海乃はかぶさってくるユラを切り返してグラウンドヘッドロック。上体を起こしたユラは腕十字で切り返すが、これを反転した海乃が馬乗りの状態からV1アームロック。ロープに逃れたユラは腕十字で反撃し、さらにサッカーボールキック3連発からPKを狙うが、これをかわした海乃が膝十字固め。上体を起こして逃れたユラは海乃の膝を決め、さらに逆片エビ固め。



ロープに逃れた海乃に馬乗りになったユラが腕十字。逃れた海乃が足首固めへ。ユラがアキレス腱固めで切り返し、さらに膝立ちでのサーフボード。これを切り返しバックに回った海乃がスタンディングのサーフボードからフロントスリーパー、さらにDDT。エルボーの打ち合いから海乃が飛び込み式の腕十字へ。ロープに逃れたユラ。海乃はボディスラムの2連発からカバーもノーカウント。STFを狙うもバックを取り返したユラは腕十字へ。海乃のロックを外し、一気に絞め上げたユラ。海乃はロープに逃れることも切り返すこともできずにギブアップ。
試合後、ユラは海乃の前で深々と頭を下げ、海乃も礼で返す。最後はしっかりと握手をかわし、これまでの遺恨に一応の終止符が打たれた。




◆第3試合 タッグマッチ20分1本勝負
○トトロさつき&キク(8分15秒 ボストンバッグ)Yappy&HisokA×



ICE×∞王者のトトロはキクとのタッグで登場。先発に出たHisokAが「細いの出てこい!」とキクを指名するも、トトロが先発に出る。「細くない!」とのクレームに、頬をすぼめ腕を交差させて痩せている風のポーズを決めるトトロだが、「キモいーっ!」叫びながらYappyとHisokAが2人がかりでトトロを急襲。コーナーに詰めて2人で蹴りまくる。さらにHisokAがボディスラムを狙うが、トトロを持ち上げることができず、逆にトトロにボディスラムを浴びてしまう。代わったキクもボディスラム3連発からアキレス腱固め。ロープに逃れたHisokAは剣道式ハンマーを連打。代わったYappyはキクをタックルで吹っ飛ばし、ギロチンドロップへ。さらにHisokAとのダブル攻撃からコーナーでの首つり攻撃、ヒップアタックと攻め込む。切り返しの丸め込みで反撃に出たキクはトトロに交代。



トトロは串刺しラリアットからセントーンを決め、ボディプレスもYappyがかわしギロチンドロップでカバー。カウント2で返したトトロはロープに飛んだYappyにラリアットを決めるが、Yappyもタックルで反撃。代わったHisokAをタックルで吹っ飛ばしたトトロはボディプレスを決める。ここでYappyがアシストに入り、トトロに串刺しラリアット。続けてHisokAがダイビングボディアタックを決め、Yappyと2人でトトロをロープに振るが、トトロが2人まとめてラリアットで吹っ飛ばすと、Yappy、さらにキクをおんぶしての3人プレスをHisokAに決める。なんとかカウント2で返したHisokAは丸め込み、腕十字で反撃に出るが、トトロを決めることができない。逆さ抑え込みを狙うHisokA。しかしトトロはそのままHisokAを背負って持ち上げると、体勢をずらしてボストンバッグ。トトロのパワーで絞め上げられたHisokAはギブアップを喫し。トトロが王者らしい強さを発揮して快勝した。




◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
谷もも&×松下楓歩(12分11秒 回転足折り固め)櫻井裕子&大空ちえ○



COLOR'Sの櫻井が昨年の大晦日以来、今年初めてアイスに参戦。試合はその櫻井と楓歩の顔合わせでスタート。腕の取り合い、ヘッドロックの仕掛け合いで一歩も退かずに谷、大空に交代。大空がグラウンドでのレッグロックも、逃れた谷はロープに飛んでのダブルニー。これをかわした大空がドロップキックをヒットさせ、櫻井を呼び込むとダブルのドロップキックで谷を吹っ飛ばすも、起き上がった谷は楓歩を呼び込み、楓歩が櫻井に、谷が大空に同時ドロップキックの反撃。さらにエプロン際に追い込んでの同時ももざんまいを決めた。代わった楓歩に大空がドロップキック。代わった櫻井がタックル、串刺しエルボーでカバーもカウント2。大空を抱え上げて楓歩に蹴りを入れ、倒れたところに大空を抱え上げてフットスタンプの体勢で落とす。櫻井がカバーもカウント2。エルボーの打ち合いからロープに飛ぶ櫻井をテイクダウンさせた楓歩がグランドでのフェイスロック。ロープに逃れた櫻井の腰へドロップキックを入れ楓歩がカバーもカウント2。代わった谷がダブルニーからカバーもカウント2。谷の卍固め狙いを切り返した櫻井がコブラツイスト。



楓歩がカットし、ロープ際に櫻井を追い込み楓歩、谷が飛び込みニーを連続で決める。谷が変形卍固めを決めると、大空は楓歩にパロスペシャル。谷がフィッシャーマンズ・スープレックスを狙うが、こらえた櫻井がドラゴンスリーパーから浴びせ倒し。代わった大空がドロップキック、アームホイップを決めれば、谷は串刺しジャンピングニー、串刺しダブルニーを決め、コーナーからのリバースのダブルニーでカバーもカウント2。大空が延髄ハイキックからコーナー2段目からのフライングショルダーでカバーもカウント2。谷がカウンターの飛び込みニーからフィッシャーマンズ・スープレックス。代わった楓歩がミサイルキック、コンバインから逆エビ固め。櫻井がカットに入り、ダブルタックルで楓歩を吹っ飛ばすと、櫻井がボディプレス、大空がフットスタンプからカバーもカウント2。さらに大空がフィッシャーマンズ・スープレックスでホールドもカウント2。アシストに入った谷が大空にコードブレイカーを決め、続けて楓歩が延髄ハイキック。さらに谷がダイビングニー、楓歩がダイビングボディアタックでカバーもカウントは2。楓歩が変形ブロックバスターもカウント2。続けて楓歩がハイキックを狙うが、これをかわした大空が楓歩をテイクダウンさせると、一気に回転足折り固めを決め電光石火のカウント3を奪取。攻め込んでいた楓歩にとってはまさかの逆転フォール負けとなった。




◆第5試合 シングルマッチ15分1勝負
△安納サオリ(時間切れ引き分け)星いぶき△



3月19日後楽園ホール大会でICE×∞王座を失った安納と、同じ大会でリボンタッグ王座を失ったいぶき。タイトルこそ懸かっていないものの、以前から対戦を望んでいた2人にとっては、次のステップへ進むための重要なシングル戦が実現した。ゴングと同時にいきなりビックブーツを仕掛けた安納だが、これをかわしたいぶきはハイキック。かわした安納のエルボーをいぶきがチョップを合わせ、さらにいぶきがダブルチョップを狙うが、安納がブリッジでかわす。いぶきがタックルで安納を吹っ飛ばしカバーも安納がブリッジで返しかかと落としも、いぶきがかわす。手四つから腕の取り合い。安納がヘッドロック、グランドヘッドロック、さらに馬乗りになると腕十字を狙う。クラッチで腕十字を逃れたいぶきだが、起き上がった安納はいぶきの腕を取ると、思いっきりマットに打ち付ける。連続で腕をヒットさせた安納は場外に落ちたいぶきを追うと、腕にストンピング、さらに鉄柱で絞め上げ、先にリングに戻ると後から入ってきたいぶきの腕をロープにからめて踏みつけ、さらにその腕に低空ドロップキック。さらに腕十字を狙う安納。ロープに逃れたいぶきはカウンターのドロップキックから串刺しボディアタック、フェイスクラッシャーからカバーもカウント2。さらに安納をグランドに引き込んでのアームブリーカー。



ロープに逃れた安納をコーナーに詰めての蹴り、顔面踏みつけ。ロープ際に追い込んでの飛び込み踏みつけ、飛び込みニーを決めカバーに入ったいぶきだが、カウントは2。エルボーの打ち合いから安納がビックブーツをヒットさせミサイルキックでカバーもカウント2。安納のフィッシャーマンズ・スープレックスをこらえたいぶきが逆水平チョップを2発入れ、さらにコーナーに詰めてのチョップを連打。続けて馬乗りになってチョップを振り落とし、安納にギブアップを迫る。安納が耐え抜くとダブルチョップを落としてカバーもカウント2。いぶきが脇固めからロープに伸ばそうとする安納の足もフックして絞め上げる。ロープに逃れた安納にいぶきが低空ドロップキック。カバーもカウント2。ダイビングボディプレスも安納が剣山で逃れる。両者が両膝をついてのエルボーの打ち合いから起き上がっての打ち合い。安納が延髄ハイキックもあたりが浅く、いぶきがバックフリップを決め再びコーナーに上がるが、追いついた安納がフィッシャーマンズ・スープレックス。さらにフィッシャーマンズ・スープレックスホールドもカウント2。安納が極楽固めへ。



ロープに逃れたいぶきのバックに回った安納。いぶきがこらえてキャプチュードも、再びバックに回った安納が投げ捨てジャーマン。起き上がったいぶきがダブルチョップでカバーもカウント2。安納がポテリングもカウント2。いぶきがトラースキックも安納がバックに回ってジャーマンでホールドもカウント2。いぶきがグッドいぶニングを狙うも、上から潰した安納がカバーもカウント2。タイムアップ寸前、いぶきがハイキック2連発からバズソーキックでカバーもカウント2。ここで試合終了のゴングが鳴るが、いぶきは続けていぶニングスターを決めるも無効。
試合後、大の字で倒れていた2人だが、歩み寄ると、安納が差し出した小指にいぶきが小指をからめて指切り。いつの日か、また再戦を…との約束が、2人の間で交わされた。




◆第6試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 30分1本勝負
[王者]真琴&○星ハム子(18分6秒 片エビ固め)柳川澄樺&神姫楽ミサ×[挑戦者]
※ダイビングボディプレス
※第59代王者組が初防衛に成功



3月19日後楽園ホール大会で志田&いぶきからリボンタッグ奪回を果たしたむこまこにアイスのリングで今、最も勢いのあるタッグチーム『1111』が挑んだタイトル戦。試合前の握手を例によって拒否した『1111』はゴングと同時に奇襲攻撃に出た。真琴を場外に落とし、ハム子にダブルのハイアングルキック。倒れたハム子を踏みつけてベルト獲りをアピールも。真琴が2人を捕まえ同士討ちにすると『1111』をコーナーに振り、むこまこでお・し・り・だ―ッ!を決めるとハム子が神姫楽をブルドーザーヘッドロックからカバーもカウント2。つづけてコーナーに詰めての腹ウォッシュ。代わった真琴がロープ際での踏みつけから串刺し無気力キック。ダブルニーでカバーもカウント2。真琴がキャメルクラッチ。ハム子が神姫楽の目の前でセクシーポーズを繰り広げダメージを増幅させる。ロープに逃れた神姫楽がエルボーを仕掛けるも両手でガードした真琴が一本背負い3連発。起き上がった神姫楽がタックルも飛び込みを真琴がカウンターの無気力キック。さらに蹴りの連打からブレイジングキックでカバーもカウント2。



神姫楽が一本背負い2連発から串刺しラリアット。さらにリバースのパロスペシャルを狙うが、これは真琴がこらえる。ハム子を呼び込んでのダブルブレーンバスターもこらえた神姫楽が2人まとめてドロップキックで吹っ飛ばす。真琴にボディシザースから反転してバックから馬乗りになるとグラウンドでのパロスペシャル。ロープに逃れた真琴は神姫楽のラリアットを蹴りで遊撃も神姫楽が連打で決めカバーもカウント2。代わった柳川がドロップキックをヒット。串刺しジャンピングニーからネックブリーカーでカバーもカウント2。コンテンポラリーキックをかわした真琴がブレイジングキックでカバーもカウント2。真琴のダブルアーム・スープレックスをこらえた柳川がヘッドバットからコンテンポラリーキック。真琴が下から蹴り上げ柳川をバックから浴びせ倒し背中にかかと落とし。ダブルアーム・スープレックスからカバーもカウント2。代わったハム子がチョップを仕掛けるがかわした柳川がロープに追い込んでの背中への飛び込みニー、低空ドロップキックから神姫楽がセントーンを決め、柳川がダブルニーでカバーもカウント2。ハム子がバックドロップでカバーもカウント2。ハム子のラリアットをかわした柳川がバッククラッカー。



代わった神姫楽が飛び込みドロップキック、串刺しラリアットからタックルを決め逆エビ固めを狙うも、これえてはね返したハム子が逆エビ固め。ロープに逃れた神姫楽にはりつけボディアタック、真琴がはりつけ無気力キックからハム子がカバーもカウント2。むこまこバーガーからハム子がバックフリップを狙うが、これを逃れた神姫楽がブレーンバスターから逆エビ固め。ロープの逃れたハム子を神姫楽がアバランシュホールドでカバーもカウント2。ミサボムをきめるも、すぐに起き上がったハム子が同じ技で反撃。起き上がった神姫楽がラリアットを決めればハム子も飛び込みラリアット。両者ダウン。両膝をついた状態でのエルボーの打ち合いから起き上がってのエルボー合戦。さらに神姫楽がラリアットの正面、延髄の往復攻撃を連発から飛び込みラリアットでカバーもカウント2。柳川とのダブルブレーンバスター。





柳川がハム子を押さえ込み、神姫楽が馬飛びからのミサロールもカウント2。ハム子が腹ウォッシュの連続攻撃からシャイニング腹ザードでカバーもカウント2。さらに真琴を呼び込み、ラリアット&スピアーの合体攻撃でカバーもカウント2。飛び込みラリアットでカバーに入るが、神姫楽が切り返してのカバーもカウント2。神姫楽がラリアットでカバーもカウント2。神姫楽がラリアット3連発でカバーもカウント2。ハム子がアッパー気味のエルボーを叩き込み飛び込みラリアット。カバーもカウント2。真琴が入り、盛艶のうねりを決め、コーナーに上がったハム子が「プロレスでハッピー!」と叫びながらのダイビングボディプレスを決め、粘る神姫楽からカウント3を奪った。





〈試合後のリング上〉
※3カウントを奪って起き上がったハム子が涙をこらえる表情を見せる。真琴と勝ち名乗りを受けてベルトをお互いに巻き合い、ハム子がマイクを手にした。



ハム子「むこまこ、やっと初防衛に成功しましたーっ!『1111』の2人、一番に挑戦者に名乗り出てくれて、ありがとう。今2人と初めて戦ったけど、あなたたちの気持ち、すごい!ホントにすごい。パートナーを信じて。負けて終わりじゃない。タッグを組み続けてください。そして、また戦いましょう!今日はありがとうございました!」
真琴「ホントにタイトルマッチっていうのはチャンピオン側だけじゃなくて、挑戦する側にもそれなりのリスクがあると思うんですけど、そんな中、2人は飛び込んでくれたので、かっこいいなって思います。また機会があったら、よろしくお願いします!(ハム子に向かって)えっと、私事なんですけど、あの〜言いたいことがあったんですけど、ちょっと忘れちゃって。あとでTwitterに書きます!すいません、以上です。」
ハム子「昨日バニー及川の退団発表がありました。でも、アイスリボンにはICE×∞チャンピオン、トトロさつき、星いぶき、Yappy、咲蘭、キク、松下楓歩、海乃月、そしてしのせ愛梨紗、そしてね、藤本つかさ、弓李、愛い姫、夢咲あむがいます!(リングサイドにいた所属選手が名前を呼ばれるごとにリングに上がる。ハム子が全員を見渡して)みんな、プロレス大好きだよね?」



他所属選手「はい!」
ハム子「強くなりたいよね?」
他所属選手「はい!」
ハム子「(声を詰まらせながら)胸張って、プロレスでハッピー!叫び続けたいよね!」
他所属選手「はい!」
ハム子「(泣きながら) みんな来て。」
※選手がリング中央に集まり、手を合わせて円陣を組む。
ハム子「私たちはプロレスラーだから。前を向いて、このリングで戦い続けていきましょう!アイスリボン!いくぞーっ!」
全員「おーっ!」



※会場内、拍手が起こる。
ハム子「(泣きながら) ごめんね、私がしっかりしなきゃいけないんだ。はい!今日参戦してくれた選手、リングに上がってください。(円陣を組みながら)他団体のみんなもいつも一緒にアイスリボンを盛り上げてくれてありがとう!みんな、ありがとう!私たちは止まりません!いいところも、悪いところも、すべてみんなに見せていきます!皆さん、見ていてください!」
※号泣するハム子がかすれた声で「皆さん大丈夫ですか!?」と叫び、「ハム子が大丈夫か?」と会場をざわつかせながら、「プロレスでハッピー!アイスリボーン!」でアイスリボン初の蒲田大会を締めた。

〈試合後の真琴&星ハム子〉


ハム子「ありがとうございました!V1、初防衛に成功しました!」

――団体が揺れ動く中での初防衛戦ということになりました。
ハム子「そうですね。やっぱりお客様も選手も不安がないって言ったら ウソだと思うんです。私だって、こうしてても不安はありますし。私、かっこいいこと言えないし、かっこもつけられないので。ありのままを見せるしかないので。もうそれでいいんじゃないのかなって。かっこつけて、お客様を安心させるよりも、ありのままを見せて、それでもいいからアイスリボンを見ていてほしいなと私は思ったので。もう思ったことを叫んじゃいました。」 真琴「かっこよかったです、それが。」 ――最後に「プロレスでハッピー!」と叫んだのは…。 ハム子「これからの願いですね。これからもアイスリボンのモットーを守り続けていきたい。私はアイスリボン最年長キャリアとして、まだまだ頑張らなきゃいけないなって思ってるので。今だからこそ、私たちがチャンピオンになって、若手の壁になって。私はもう技を受けたうえで勝ち続けるチャンピオンになっていきたいと思います。」

――そんなハム子選手を真琴選手がパートナ―として支えていく?
真琴「もちろんもちろんなんですけど。さっき言いたかったこと思い出したですけど。えっとですね、私、1年、2年アイスリボンに参戦させてもらってるんですけど、まだアイスファンの大半の方、アイスリボラーの方に認めてもらってないっていうのを感じてるので。ちょっと、それが現実なので受け入れるしかないんですけど、悔しいので、私もこのベルトを持ってるので、アイスリボンの顔とは言わないんですけど、顔の一部…眉毛とか、そういう一部でいいからなりたい、私も。アイスリボンの顔の一部に。このあと他団体の試合なんですけど、このベルトをもちろん持っていきますし。アイスファンの方は、私もアイスリボンの一員だっていうぐらいの気持ちで見てほしい。ちょっと言葉が巧く出てこないんですけど、信頼してほしい。アイスリボン背負って、私も活動していくので。口だけじゃダメだと思うので、行動も伴えるように、また頑張っていきます!これです、言いたかったことは。」

――今後も防衛戦を重ねていく?
ハム子「やりたいですね!」
真琴「すごい!ハム子さん、そういうところが地でかっこいい。私は、リスクがあるのでタイトルマッチっていうのは。」
ハム子「やりましょう。負けるのなんて怖くないですよ!いっぱいいっぱい、ベルトをお披露目しましょう!」
真琴「わかりました、そうですね。むこまこで!」
ハム子「最多防衛狙いましょうよ!アイスリボンまだまだ見ていてくださいね、お願いします!」
真琴「アイスリボン、最初3人ぐらいだったんですよ。今、こんないっぱいいるじゃないですか。全然、大丈夫です!」