アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • アイスリボン
  • アイスリボン両国KFCホール大会
  • アイスリボン in 176BOX
  • 横浜リボン2022・Sep.
  • アイスリボン1228 in SKIPシティ
  • リボンの騎士たち2022
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2021年10月02日  開始時間 14時00分〜 / 開場時刻 13時35分

アイスリボン1149





「Wrestle Arena League 〜Queen of 10 Minutes〜アイスリボン1149」 2021年10月2日(土)アイスリボン道場
13時35分開場/14時00分開始
観衆:47人

◆第1試合 WAL Aブロック公式戦10分1本勝負
○藤田あかね(6分37秒 ギブアップ)バニー及川×
※変形キャメルクラッチ
※あかね4点



Aブロック公式戦初戦ですずに勝利し、勝ち点2としているあかねがリーグ戦初戦のバニーと対戦した。先制のローキックを連発するバニーに対して、一歩踏み込んだあかねは蹴り足をキャッチしてテイクダウンさせると逆片エビ固め。ロープに逃れたバニーはドロップキック2連発からあかねのバックに回り込み右足にしがみつきグランドへ引き込もうとする。これを踏ん張ってこらえたあかねは寝た状態のバニーにエルボーを放ちカバーに入るがカウントは2。さらにあかねはボディスラムからコーナーにバニーを詰めてチョップを胸元に連打。対角に振って串刺しショルダーアタック。倒れたバニーにスリーパーを決める。起き上がってロープに逃れたバニーの背中に張り手を見舞ったあかねはロープに飛んで膝蹴りを放ち、バニーをロープに振ってショルダーアタック。倒れたバニーの頭部を蹴り上げるあかね。起き上がったバニーはあかねのショルダーアタックを交わしてドロップキックから、あかねを座らせると、右足を首に巻き付けて絞め上げる。さらにロックを外すと自らロープに飛んでのサッカーキック。その蹴り足をキャッチしたあかねは肩口にバニーを抱え上げコーナーに叩きつけようとするが、これを逃れたバニーは逆にあかねをコーナーに振って串刺しドロップキック、サッカーキックからカバーもカウント2。バニーはダイビングボディアタックを決め、腕ひしぎ十字固めへ。こらえたあかねは切り返してのエビ固めもカウント2。ロープに走ってのショルダーアタックからはりつけショルダーからカバーもカウント2。続けてアバランシュホールドからカバーもカウント2。バニーをボディスラムの態勢で持ち上げたあかねだが、これをバニーが首固めで切り返してカウント2。ヨーロピアンクラッチを狙うバニー。こらえたあかねはファイヤーマンズキャリー。着地で逃れたバニーは右ハイキックからニールキック。カバーもカウント2。クルックヘッドシザースに移行したバニーだが、あかねはロープに足を掛けて回避。右ハイキックから再びヨーロピアンクラッチを狙ったバニーだが、あかねはバックからバニーの右腕を引き込んでテイクダウン。さらに反転して変形キャメルクラッチを決めギブアップを奪った。これであかねはリーグ戦2戦2勝とし、勝ち点4。残るハム子との公式戦を残しAブロック優勝に王手をかけた。




◆第2試合 トライアングルリボン15分1本勝負
○トトロさつき(9分32秒 片エビ固め)真白優希×
※特盛クラッチを切り返し
※もう1人は雪妃真矢



10月17日大阪大会で青野、進垣を相手にトライアングルリボン王座初防衛戦を行うトトロが、雪妃、真白とのトライアングルリボン戦に臨んだ。開始早々、トトロに勝負を挑んだのは雪妃。真白を場外に蹴散らし、トトロに蹴りを放っていく。ロープに飛ばされたとトロだが、カウンターのタックルで反撃。コーナーの雪妃に串刺しボディアタックを狙うが、これを交わした雪妃がヘッドロックへ。ここで真白がリングに戻り、雪妃にヘッドロック。トトロがヘッドロックを外して真白にヘッドロックを仕掛けると、真白のヘッドロックを外した雪妃がトトロの右腕を取り絞め上げる。真白もトトロの左腕を絞め上げ、2人でトトロをロープに振るが、トトロはカウンターのクロスボディ。しかし、これを雪妃、真白がかわしトトロが自爆。2人でコーナーにトトロを振り、真白が串刺しドロップキック、雪妃が串刺しジャンピングニーを決めるが、雪妃のバックに回った真白がスクールボーイで丸め込み。



「協力しろ!」と真白の頭を叩いた雪妃はもう一度、2人でトトロをコーナーに振り、串刺し2連発を決めるも、真白は再度スクールボーイ。これで雪妃、真白が敵対関係に。真白に的を絞った雪妃がサソリ固めで揺さぶる。逃れた真白に今度はトトロが襲い掛かる。さらに戦局はトトロvs雪妃の攻防戦に移るも、トトロが優位に立ったところで真白がスクールボーイ、さらに逆さしがみつき攻撃と攻め込み、カットに入った雪妃にもスリーパーを仕掛けていく。さらに雪妃、トトロをまとめて丸め込んだ真白だが、ここで雪妃とトトロが共闘し、真白にクローズライン。2発目を逃れた真白は雪妃のバックに回って雪妃とトトロを同士討ちにすると、2人に目突き。まともに浴びた雪妃、一方のトトロはこれをカットし、真白にエルボーを叩き込む。これをしのぎスクールボーイを決めた真白は特盛クラッチを狙うが、これを反転して潰したトトロがそのまま押さえ込んでカウント3を奪取。トライアングルリボン王者の意地をみせた。




◆第3試合 タッグマッチ15分1本勝負
世羅りさ&×咲蘭(13分57秒 体固め)宮城もち&鈴季すず○
※フェイスバスター



9月20日横浜リボンでシングル戦を行った世羅と咲蘭がタッグを結成した。世羅にとっては11月13日大田区大会でリボンタッグ戦を行うすずとの前哨戦第1Rでもあった。なぜか入場から半べそ状態だったのが咲蘭。もちとすずは世羅に「お前が泣かせたんだろう!」と迫る。それでも先発で出ようとする咲蘭だが、世羅は咲蘭を制して自ら先発に出る。しかも途中、タッチを求める咲蘭も無視してローンバトルを続ける世羅。もち、すずに対しても「咲蘭を見るな!」とする。これに反発したもちとすずは強引に世羅を咲蘭が控えるコーナーに連れていき、咲蘭にタッチさせる。さらにもちは世羅を花道奥に世羅を引き込み、戦線離脱させ、残った咲蘭に集中攻撃を仕掛ける。すずが咲蘭にキャメルクラッチを決めるとこれまでレフェリーに止められてきた鼻フック攻撃。





ここで世羅がリングに戻り、これをカット。その世羅に対してもちとすずは強制ロープ往復走りを仕掛ける。世羅がヘロヘロになったところで2人がかりのブレーンバスターを狙うが、世羅はリバースで返す。さらにすずにジャイアントスイングを狙うが、即座にすずが直角土下座。これを逃れる。試合は世羅とすずの一騎打ちとなり激しい攻防を展開。最後は咲蘭がもちの鞭が誤爆したすずを狙って高角度回転エビ固めを仕掛けようとするが、これをこらえたすずはその状態から咲蘭をフェイスバスターで叩きつけてカウント3を奪取。改めて世羅にベルト獲りをアピールした。


◆第4試合 WAL Bブロック公式戦10分1本勝負
○テクラ(7分54秒 片エビ固め)Yappy×
※ダイビングボディプレス
※テクラ4点



この日のメインはBブロック公式戦。テクラとYappyは共に公式戦2戦目。Yappyにとってはこの一戦に敗れれば、決勝戦進出の望みは絶たれるだけに、開始と同時にテクラに奇襲攻撃を仕掛けるも、これを読んでいたか、テクラは突進をかわすと蹴りで反撃。Yappyもトーキックで返すとコーナーにテクラを振りボディアタック、ヒップアタックを決めるとジャンプ式のヒップドロップでフォールもカウントは2。コーナーに上がったYappyに詰め寄ったテクラだが、Yappyはテクラをスリーパーに決めて絞首刑。レフェリーのブレイクでロックを解いたYappyをテクラがデッドリードライブ。コーナーに振っての踏みつけからロープを掴みながら足を首に巻き付ける。レフェリーブレイクもテクラはYappyをヘッドロックに決め、ロープを使った目潰し攻撃から首投げ。仰向けのYappyの首を両足で挟み体をひねる。Yappyを引き起こしエルボー連打から脇固め、フェイスロック、スリーパーとグランドでダメージを与える。ロープに逃れたYappyはテクラの蹴り足をキャッチしはりつけエルボーからダウンしたテクラにギロチンドロップでカバーもカウント2。さらにファイナルカットからのカバーもカウント2。コーナー際にテクラをボディスラムで叩きつけてコーナーに上がったYappyだが、起き上がったテクラは蹴りの連打でYappyを落とし、エルボーからバックに回る。



ロープを掴んで逃れたYappyはアックスボンバーからカバーもカウントは2。さらにギロチンドロップ3連発からのカバーもカウントは2。ファイヤーマンズキャリーで抱え上げたYappyだが、これを逃れたテクラはスピンキック連打、ハイキック、スピアーと畳みかけてカバーもカウントは2。Yappyをリング中央に寝かせたテクラはコーナーから飛距離のあるダイビングボディプレスを決め、粘るYappyからカウント3を奪い、2戦2勝。Bブロックのトップに立った。




【エンディング】

メイン終了後、この日行われた2試合の公式戦の結果を加算して、現在のリーグ戦の星取り状況を雪妃がアナウンス。来週の道場マッチでは、まだ公式戦を行っていない尾ア妹加とトトロさつきのリーグ戦初戦と、Cブロックの頂上決戦でもある世羅vs雪妃の公式戦が組まれることが発表された。最後はメインで勝利したテクラが「プロレスでハッピー!アイスリボン!」で締めた。






■「アイスリボン」のニコニコ動画ch!
https://www.nicovideo.jp/watch/so39926763
◆月額見放題500円/1本100円〜(税抜)

    ★発売中!
  • 2022/08/28両国
  • 2022/09/04大阪
  • 2022/09/17SKIP
  • 2022/09/24後楽園
  • ★8/19発売
  • 2022/12/24成増

  • イベントレポート