アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 10/3 横浜リボン2020・Oct.
  • 10/18 アイスリボン1076 in 176BOX
  • 10/24 世羅りさプロデュース興行第5弾
  • 10/31 後楽園ホール
  • アイスリボン
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2020年01月03日  開始時間 14時00分〜 / 開場時刻 13時30分

アイスリボン1015〜新春道場マッチ〜 14時00分開始

「アイスリボン1015〜新春道場マッチ〜」
2020年1月3日(金) アイスリボン道場
14時00分試合開始/13時30分開場
観衆:120人(超満員札止め)

【オープニング】
新春道場マッチでは毎年、入場式は1人ずつ入場し、その年の抱負を表明することになっている。今年の選手たちの抱負は以下のとおり。

Yappy「Yappyはハッピーを続ける!今年も!」


バニー及川「1試合でも多く記憶に残る試合をしたいと思います。」


鈴季すず「新しいことに挑戦して、ベルトを絶対に今年は巻くぞ〜!!」


朝陽「1試合1試合を大切に、楽しい試合をします!」


星いぶき「ティーンズでアイスリボンを盛り上げるぞ〜!!」


トトロさつき「プロレスを堪能すること。そして、ベルト巻いて大阪帰ることや〜!!」


松屋うの「2020年は年女です!運を味方に付けて絶対にベルトを取り返すぞ〜!!」


斎藤一二三レフェリー「実は去年、某お見合い大作戦に参加しました。結果は大惨敗。今年はレフェリーはもちろん、婚活頑張ります。」


藤田あかね「今年はまたアメリカに行って、今度は世界中に知られるレスラーになります!」


世羅りさ「今年は28歳なので28コ新しいことをやりたいと思います!」


星ハム子「アイスリボン最年長な私ですけれども、ICE×∞のベルトに挑戦したいと思います!」


つくし「今年はこのベルトを持ってメキシコに行きます!VIVA MEXICO!」


藤本つかさ「今年は何もなく、マジで何にもなく平和に暮らせますように。よろしくお願いします!」


雪妃真矢「せっかく大晦日に守ったICE×∞のベルトを2020年こそ、1年、通年守り通したいと思います。」



◆第1試合 トライアングルリボン15分1本勝負
〇藤田あかね(9分27秒 ギブアップ)Yappy×
※変形キャメルクラッチ
※もう1人は松屋うの
※選手の強い要望により凶器持ち込みが認められる。


【第1試合】
2020年のアイスリボンは凶器持ち込みOKのトライアングルリボン戦からスタート。Yappyがストレッチ用の棒状マットを落ち込めば、うのは道着を手に入場。最後に入場してきたあかねは「この2人相手なら凶器なんていらない。」と試合に臨むが、マットを振り回すYappyが序盤からペースを握る。しかしベルト奪回に燃えるうのは巧みな試合運びで徐々にペースを奪う。あかねに対しても優位に立ちコーナーに上がろうとしたうのだが、ここで朝陽がうのを妨害。レフェリーが注意するも、あかねは「朝陽が凶器!」とし、これを認めさせる。さらに朝陽を肩に乗せ、そこから朝陽にボディプレスを決めさせたあかねは、しっかりと試合をコントロール。最後はYappyを捉え変形キャメルクラッチでギブアップ勝ち。2020年最初の勝利はあかねがモノにした。
試合後、Yappyは「明日はまたあかねさんと戦います。XL Breakersはくるみさんの力を信じますから、オレンジサンライズを倒します。」と翌日の横浜大会に向けての必勝を期した。
うのは「新年早々トライアングルでした。やっぱり去年もトライアングル絡んで今年の始めもやっぱりトライアングルってことは、今年もベルト絡めるんじゃないかって凄く思ってるし、明日、横浜リボン、対角線上にはトライアングル王者の本間さんがいます。これは凄く良いチャンスだと思ってますので、自分が本間さんからスリー獲ったら、その時はまた挑戦したいなって凄く思ってます。」とベルト獲りに意欲満々。
あかねは「今日は明日に向けての連係の練習みたいなものだったので、これで明日は勝って、朝陽がもらったお年玉でご飯食べに行きたいと思います。」と語った。

◆第2試合 かるたタッグマッチ20分1本勝負
雪妃真矢&〇世羅りさ(7分09秒 体固め)トトロさつき×&鈴季すず
※ダイビングダブルニードロップ
※ノータッチルール採用。
※カルタアプリで選ばれた札の頭文字から始まる技でのみフォール、ギブアップが認められる変則マッチ。


【第2試合】
はらあいリングアナがアプリかるたで読み札をランダムに選び、その札の頭文字から始まる技でのみフォール、ギブアップが認められるという変則タッグマッチ。試合運びはもちろん、素早い頭の切れが試される一戦は、読み札の頭文字が発表されるたびに、両チームが探り探りの展開となる中、「た」が頭文字に。ここでアジュレボは「ダブル攻撃」を選びトトロを持ち上げようとするが、トトロの重さに持ち上げることができず、逆にトトロのボディプレスを浴びてしまう。ここでトトロがすずを抱え「だっこプレス」を狙うが、これは世羅がかわす。そして最後は世羅が「ダイビングダブルニードロップ」を決め、カウント3を奪った。
試合後、トトロは「今年の抱負は最初に言ったとおりプロレスを堪能する。楽しむこと。そして、ベルトを巻いて大阪に帰ることです。これは去年言っていて掲げられなかった目標なので、目標ではなくって、実現できるようにします。」と語り、すずは「大晦日で1周年を迎えました!鈴季すずで〜す!!イェ〜イ!!今日は初めてのかるたマッチ。難しいですね。大晦日、タッグのベルト敗れてしまったんですけれども、明日はいぶきさんとシングル、自分が勝って、ティーンズ引っ張っていくので、(いぶきに)明日はシングル頑張りましょう。」と語った。
そしてアジュレボの2人は雪妃が「新年早々幸先が良くてとても気分がいいです。明日の1月4日新春横浜リボンは6人タッグで相手が全員アイス所属じゃないんですよね。外敵…外敵って呼んでいいんですかね?まあ外敵ですよね?外から土足で踏み込んで来てるヤツらに勝たせるわけにはいかないので、新年早々。外敵を排除して、駆除して、気持ちよく終えたいと思いま〜す。」と語り、世羅は「明日は新春横浜リボンということで、12月31日に朱里選手とシングルマッチて破れてしまっているので、明日も当たるんですよ。なのでその借りを明日返して、もう一度シングルマッチを組んでもらえるくらいにはしたいなと思っております。」と語った。

◆第3試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
藤本つかさ&〇つくし&星ハム子(15分38秒 ギブアップ)星いぶき&朝陽&バニー及川×
※トゥインクルスターロック
※通常ルールに加え、各チームにくじで引き当てた特殊ルールが適用される変則マッチ。
■引き当てた特殊ルール
赤コーナー:2カウント奪われると負ける
青コーナー:ロープエスケープ不可


【第3試合】
通常ルールに加えて、試合前にくじ引きを行い、取った紙に書かれたルールが適用される変則6人タッグ。藤本組は2カウントでフォール負け、いぶき組はロープエスケープが認められないというルールを背負っての一戦となった。苦しいのはやはり藤本組。軽量のつくしに狙いを定めたいぶきと朝陽が執拗な押さえ込みでのフォール勝ちを狙っていく。必死にカウント2でキックアウトするつくしだが、さすがに疲れは隠せない。しかし、このつくしのピンチを藤本、ハム子がしっかりとフォロー。最後はロープブレイクの許されないいぶき組の3人をまとめて絞め技に捉えた藤本組が勝利をモノにした。
試合後、バニーは「今日やっぱり勝ちに行きたかったんですけれども、新年早々負けてしまいました。特殊ルールっていうのはやっぱりなかなか難しいな…って思いました。今日の試合を経て、一句詠みたいと思います。“油断した あると思うな エスケープ”ガンバニ〜!ガンバニ〜!ガンバニ〜!」と語り、朝陽は「ちゃんと目で見てくれましたか?見てくれましたか? 2年と4ヵ月、大晦日は137戦目でした。やっとやっとやっとやっとやっとやっとやっとやっとや〜っと、初勝利が出来ました!拍手!ちなみに最後の技名はみんな覚えていってくださいね。ビクトリーサンライズです!日本語の意味は勝利の日の出。そして明日はオレンジサンライズ、自分が初勝利したオレンジサンライズ、新年1発目、第1試合からマジかっ飛ばしていきますので、自分の周りみんな大きい人ばっかりですけど、小っちゃい方が有利なこともあるから、なんか初勝利してから凄い勝利の日の出見えて来た感じです。もう試合を復帰してから1試合を無事に終えられたっていうことが自分の幸せでもあるので、今日も幸せだから明日も幸せに、あかねさん頑張ります!」と語った。
またいぶきは「大晦日はドロップキッカーズで最後の試合でした。で、2020年は年始早々ドロップキッカーズとまた試合で当たれました。何かしら運があるんだなと思って、自分はとても幸せです。明日は大晦日一緒にリボンタッグ挑戦した鈴季すずとシングルです。一緒に戦った仲間と明日試合出来るのでとても楽しみです。自分が勝ってティーンズ引っ張っていきたいと思います。」と語った。そしてハム子は「私明日、今日組んだつくしとつっかと、リボンタッグ王者と戦います。パートナーは尾ア妹加。尾ア妹加いいですよね、最近。なんか私、尾ア妹加から元気をもらってる気がして、もうパワフルタッグとして明日はリボンタッグ王者と戦います。それで勝ったら私たち挑戦する権利あるんじゃないかなぁ?」と語り、つくしは「大晦日無事にリボンタッグのベルトを防衛して、まだ2回しか防衛してないんですもんね。これをV100まで自分が防衛したいと思っているので、あれですよ、ドロップキッカーズなめちゃダメですよ。かかって来いよ。」と語った。

◆第4試合 全選手出場 お年玉争奪バトルロイヤル時間無制限
〇朝陽(10分26秒 OTR)松屋うの×
※OTRルール採用。
※最後まで勝ち抜いた選手にお年玉が与えられる。


■失格順
@×バニー及川(0分38秒 体固め)雪妃真矢〇、世羅りさ〇
※アジュレボいくぞー!
A×藤田あかね(3分15秒 体固め)雪妃真矢〇、世羅りさ〇
※アジュレボいくぞー!
B×Yappy(3分35秒 体固め)松屋うの〇
※セイバーチョップ
C×トトロさつき(6分12秒 体固め)松屋うの〇
D×雪妃真矢、×世羅りさ(6分38秒 OTR)星ハム子〇
E×星ハム子(6分43秒 ハルカゼ)つくし〇
F×藤本つかさ、×つくし(7分35秒 OTR)星いぶき〇、鈴季すず〇
G×星いぶき、×鈴季すず(9分08秒 OTR)松屋うの〇
H×松屋うの(10分26秒 OTR)朝陽〇


【第4試合】
新春興行らしいにぎやかなバトルロイヤルがメイン。誰からフォールに入れば、他の選手がその上にかぶさり、さらにはOTRルールゆえ、ロープ際でのスリリングな攻防も随所で見られた一戦。途中、この日が誕生日のあかねにバースデーケーキが贈られ祝福シーンもあったりと、新春らしさ満載の攻防は、最後に残ったのがうのといぶき、朝陽、すずのティーンズ。うのがいぶき、すずを両肩に抱えOTRを狙うが2人も粘る。ここでうのは朝陽にドロップキックで2人を落とすように指示。これまで何度か同じ状況で張り切って初勝利を狙いドロップキックを狙うも、結局、涙を呑んできた朝陽だが、大みそかに初勝利を挙げていることもあり、この日は冷静さをキープ。最後は逆にうのをOTRに決めて、朝陽が自力勝利2勝目、さらに2020年初勝利を早くも飾り、お年玉もゲット!嬉しい年初めとなった。

    ★発売中!
  • 2020/10/18大阪
  • 2020/10/24世羅興行
  • 2020/10/25SKIP
  • 2020/10/31後楽園
  • 2020/11/29SKIP

  • イベントレポート