アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 5/4
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2020年02月29日  開始時間 18時00分〜 / 開場時刻 17時30分

アイスリボン1027 18時00分開始

「アイスリボン1027」
2020年2月29日(土)アイスリボン道場
17時30分開場/18時00分開始
観衆:79人

【入場式】




この日の入場式ではキャンパスが新しくなったことが報告され、そのキャンパスでの最初の受け身を取りたいとアピールしたのが藤本。「10年以上やっていて、まだ一度も最初の受け身を取ったことがないんです。」と観客に訴えた藤本は、観客からのアンケートで半ば強引にその権利を獲得すると、1人、新しいキャンパスに上がり、自ら受け身へのカウントダウン。2まで数えたところでリングに上がろうとしたつくしを見つけると、これも阻止した藤本。これで心置きなく受け身が取れると、再びカウントダウンを始めたが、花道奥から駆けてきたのが現在、失踪中の鈴季すず。リングに上がると慌てる藤本を無視して、後ろ受け身や空転を取ったすず。怒り心頭の藤本はすずにストンピングを入れ、ロープに飛ばそうとするが、逆にすずにロープに振られるとドロップキックを浴びてしまった。すずはズボンのポケットから一枚の紙を出すと会場の観客にアピール。その紙は「脚」の文字が。そして、その紙をリングに残し、すずは花道を逆走。「捕まえて!」という藤本の命令につくしらが追うが、すずはそのまま道場を後にしてしまった。リング上に残された藤本はすずの残していった「脚」の文字をじっと見つめたあと、悲しげな表情に。つくしがリングに上がり藤本を励ますが、藤本の心の傷は癒えず。果たしてすずが残した「脚」の意味はなんなのか…3・14後楽園での藤本とのシングル戦を要求したことに、この言葉がどう関係しているのか、すべては謎のままだ。

◆第1試合 シングルマッチ10分1本勝負
○世羅りさ (7分09秒 エビ固め) テクラ✕
※エアーズロックU



【第1試合】
変則的な動きと座談会での落語トークで会場を沸かせているテクラが世羅との初シングルマッチに挑んだ。開始早々、ドロップキックを連打していったテクラに対して、世羅は[日本名物のもみじ張り手!]と言いながら、テクラの背中に強烈な張り手を叩き込んでいく。しかし、苦悶しながらもテクラは「もう1回!」とおかわりを求める。結果、何度も張り手を浴び背中を手に平の形で真っ赤に染めたテクラだが、決して折れることなく、ブリッジしながら得意の毒蜘蛛ウォークで世羅をびびらせ、変則的な蹴りやスピアも決めた。最後は世羅のエアーズロックUに敗れたテクラだが、その健闘ぶりが大いに光った。



試合後、世羅は「皆さんお気づきかと思うんですけど、現在私、何かを持ってますね。これはDJI Osmo Pocketと言いまして、撮影してます。現在Instagramをアイスリボンの公式で始めまして、世羅's eyeと言って私からの視点の光景とかをインスタTVに上げてたりするので、是非フォローしてください。大会の裏のシーンとか選手のコメントとか、あと今日はちょっと代わったミーティングがあったので、その光景とかも撮ってますので、是非そういう裏のストーリーも覗いて大会のストーリーを追って頂けたらなと思いますので、是非見てみてください。そして、初シングルマッチが出来て前回の後楽園ホール大会で夫婦タッグが初めて出来て、なんか初めてが増えて来て、で、前回のホールで新王座の設立が発表されました。その王座っていうのはチャンピオンが自由に(試合)形式を決めていいんですって。私のためにあるようなベルトだと思ってます。だから私はここでその新王座への挑戦を表名します。よろしくお願いします。他にやりたい人っているんですかね?」と藤本に尋ねると「私もそのベルトに凄い興味があったんですが、私は失踪中のすずとシングルマッチがきまっているので、断念しました。で、エネミー軍の山下りなとラム会長もそのベルトに興味があるという風に言われまして、せっかくなので文体では王座決定戦をやるんですが、3月14日後楽園ホール大会では、挑戦者2名を決定してもらいます。後楽園ホールの天井に挑戦権利書を吊して、その権利書を早く取った2名が5月4日の横浜文体で挑戦するというのはいかがでしょう?」と藤本。



世羅は「なるほど。ラダーで上らないと取れないヤツですね。分かりました。それで3WAYをやらせてください。」と3WAYを快諾するが、ここでトトロが「ちょっと待った〜!新しいベルト?挑戦決定戦、私にもやらせろ!3WAYじゃなくて4WAYにしてください。」と決定戦参戦をアピール。 世羅が「いいんだけどさ〜、今の聞いてた?ラダー上ったりしないと取れないところに吊されてるんだよ?上れんの?トトロはコーナーもちゃんと上れないでしょ?それがラダーに上れるの?山下と私はハードコアやってるからラダーの扱いに慣れてるし、ラム会長はあの体型だからサッサと上るよ。トトロだけじゃない、上れないの。それでも挑戦表明出来るの?」と言うと即、「上る!」と切り返したトトロだが「そっか…。上れるようになってから表明してもらっていいですか?上れるところ証明してよ、今度。」と条件を出す。トトロは「分かりました。」とこれを了承した。

◆第2試合 トライアングルリボン15分1本勝負
○星いぶき (11分04秒 ハムロール) Yappy✕
※もう1人は つくし



【第2試合】
2月24日後楽園大会ではラ・マヒストラルでリボンタッグ防衛を果たしたつくし。3月14日後楽園大会では母親である星ハム子との対戦を希望したいぶき。そして自力2勝目を目指すYappyのトライアングルリボン戦。試合は裏切りと共闘をうまくコントロールするつくしがリードする展開になったが、パワーで勝るYappyがつくしを場外に吹っ飛ばしたタイミングでいぶきがハムロールを決めてカウント3を奪った。
試合後、Yappyは「最近お誕生日(=2月26日)でした。40歳になりました。今日は若い2人に負けました。でも大丈夫。私は遅くにプロレス始めたんですけど、身体がまだ動けるから負けない。諦めないです。身体が動く間はずっとずっと戦います。」と語り、いぶきは「自分は2月24日の後楽園ホールは期末テストのため参戦出来なくて、う〜って感じなんですけど、自分は打倒星ハム子なので、星ハム子だけを見つめてやっていきたいと思います。そして、期末テストが化学が返ってきたんですけど、そのテストの結果がですねぇ、100点を取りました〜!!これからも学業とプロレスを両立して頑張っていきたいと思います。そして自分は3月14日後楽園ホールは対角に星ハム子がいるっていうのが決まったんですけど、自分は星ハム子だけを倒すことを考えてやっていきます。今年は絶対星ハム子を倒すぞ〜!」と気合を入れた。



しかし、その言葉から数分後、藤本が3月14日後楽園大会にアジャ・コングの参戦が決まったことを発表すると、いぶきは「はいはいはいはいはいはいはいはいはいは〜い!」と藤本の前に歩み寄ると「3月14日アジャさん参戦ですか?自分、試合したいです!」とアジャとの対戦を申し出た。 藤本「あなた、星ハム子を倒すって言ってたじゃないの?」
いぶき「ハム子はいつでも出来る。でも、アジャさんはいつでも出来ない。アジャ・コングは出てくれない、そんなに。星ハム子は毎回出てる。いつでも出来る!」
藤本「そうだね。」
いぶき「アジャさんとは1年前の後楽園ホールで約束したんですよ。自分が賢くなって高校生になったらもう1回シングルしようって。」
藤本「賢くなった〜!」
いぶき「数Tだって100点取ったし、化学だって100点取ったし、高校生にも上がれたし、条件バッチリじゃないかと思うんですよ。」
藤本「本当だ〜。文句ないよ。でも、いいの?怖い怖いあのアジャ・コングとシングルマッチだよ?」
いぶき「大丈夫。もうあの自分はないです。入場の前に怖くて泣いてたけど、そんなのもう怖くない!」
藤本「分かりました。3月14日後楽園ホール、アジャ・コングvs星いぶき、決定!!」
いぶき「やった〜!!アジャ・コングを星ハム子だと思って思い切りぶつけてやりたいと思います!頑張ります!!」
いぶきの3月14日大会の対戦カードが本人の希望により変更となった。



そしてつくしは「ちょっと自分の気持ちを言わせてください。ユキさんがこの前の後楽園ホールで、私生徒会長…選手会長を辞めるからって言ってたんです。だったら自分が選手会長をやりますよ。いいですか?」と藤本に問う。
「選手会長、生徒会長どっちですか?」という藤本に「真面目に言ってるんですけど。」とムッとするつくし。
藤本は「でも、適材適所というものがあって、やりたいからって、じゃあお願いとは言えない。今後つくしがどういう形でアイスリボンを盛り上げていくのかを見てからでもいいかなぁ?選手会長を生徒会長って言うような人に任せるのはまだちょっと…。」と即決を回避。
「だったら、(仮)とかダメ?」と食い下がるつくしに「じゃあそのつもりで行動すればいいんじゃないかな?」と藤本。つくしは「はい。みんなそうやって発言しないと時は進んでいきますよ。」と語った。

◆第3試合 藤田あかね壮行試合 シングルマッチ20分1本勝負
✕藤田あかね (14分08秒 体固め) 入江茂弘(STRONGHEARTS)○
※ビーストボンバー



【第3試合】
アメリカ遠征前、最後の道場マッチで自身の壮行試合の相手としてあかねが対戦を申し出たのは入江茂弘。あかねが2年前にアメリカ遠征をした際、世界各地を飛び回っていた入江がアメリカで試合をしていたことから現地で合流。そのときからいずれは試合をしてみたいと思っていたという。今回がアメリカ遠征の壮行試合ということもあり、入江との対戦を希望したわけだが、リングに立った入江は向かい合うと、さすがにでかい。ロックアップを仕掛けていったあかねだが、一気にロープ際まで追い込まれてしまう。さらにヘッドロックであかねを絞め上げた入江は、タックルであかねを吹っ飛ばし、強烈なエルボーを叩き込んでいく。必死に食らいついていくあかねだが、ボディスラム一発でダウンしてしまうほど、入江のパワーに圧倒される。あかねに勝機を生んだのは、あかねが誘い込んだ場外戦において。入江がトぺを狙って飛び込んできたところをパイプイスで迎え撃ったあかねは、さらに場外ブレーンバスターを決めるとリング上でのチョップ合戦ではダブルチョップを叩き込み、入江をロープに追い込む健闘をみせた。さらにタックルからの変形キャメルクラッチ、PONジュースを仕掛けていったあかね。ヘッドバットでは後楽園で割れた額を再び切り、流血に見舞われたものの、真正面から挑んでいったあかね。しかし、やはり入江のパワーはそれを凌駕していった。じわりじわりとあかねを追い込み、最後はこの試合2発目のビーストボンバーでフィニッシュした。
試合後、あかねは「いや、いてぇ〜マジで。たぶん自分が今まで試合した中で一番当りの強い人だったんじゃないかな。と思います。そして、試合中に歯が4本欠けました。明後日飛行機乗るまでに歯医者間に合うんでしょうか。入江さんは自分が2年ちょっと前にアメリカに行った時に一緒になりまして、その後、1週間ぐらい試合がなかったので、入江さんが出ていたところに出たり色々お世話になって、その時に自分が菊タローさんを頼って行っていたので、入江さんは自分で全部やって英語も喋れないのに向こうに行って行動してて、凄いなってその時思って、いつか試合がしたいと思ってたんですけど、今までの自分ではそれも言えなくて、それを自分からやりたいことはやりたいって言えるような自分になって、試合してもらって、本当によかったなと思います。本当にありがとうございました。今日REBORN出来てましたでしょうか?(客席から拍手受ける)もっと大きくなって…入国出来たら、もっと大きくなって帰ってくるので、その時また試合したりしてくれたら嬉しいです。お願いします。」と語ると、入江は「この道場へ久しぶりの参戦だったんですけど、こうやってたくさんの選手がいらっしゃって、みんなが自分で発言をして、本当に素晴らしい団体だと思います。そして、その発言をして藤田選手と試合をさせてもらったんですが、僕は今日全力で行かせていただきまして、今、こうして藤田選手は生きています。なので絶対に、この試合で生きれたっていうことはアメリカでも生き残っていけるはずです。そして入江茂弘は世界の全てを獲りにきています。この団体のもたくさんいろんなものがあります。藤田さんと何か狙っていきましょう。藤田さん、アメリカに入国できなくてもプロレスはアメリカだけじゃないんで。よろしくお願いします。」
藤本「私の中で入江さんっておバカ≠ネイメージだったんですけど、世界の入江みたいなコメントしてて驚きました!人は成長するんですね。」入江「我々同期ですからね。」と語った。

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
○雪妃真矢&藤本つかさ (19分24秒 エビ固め) 松屋うの✕&トトロさつき
※タイガードライバー



【第4試合】
アイスリボンの中堅選手に奮起を促した山下りなのインタビューに端を発し、2月24日後楽園大会で、選手会長を辞任した雪妃。その雪妃にアクションを起こしたのがトトロだった。ツイッターを通して、雪妃に挑戦状を叩きつけたトトロは、早くも後楽園後、初の道場マッチでそのチャンスを掴んだ。先に入場してきたトトロは雪妃の入場曲が流れると「雪妃―っ!」と叫ぶと入場してくる雪妃を急襲。これにうのも加わり、2人で雪妃を場外戦で引きずり回した。リングに戻っても雪妃にエルボー、蹴りを叩き込んでいくトトロ。いつものトトロ以上にゴツゴツした打撃技で雪妃に襲い掛かる。一方の雪妃はあえて反撃せずにトトロに打たせている余裕が感じられた。そしてタイミングをみて反撃に出る。感情的に攻め込むトトロとは対照的に、冷静にトトロを裁いてみせた。藤本とのタッグワークもスムーズにこなし、うのに対してもトトロ同様のファイトを展開した雪妃。残念ながらトトロもうのを雪妃を本気にさせるまでには至らなかったようだ。最後は雪妃がタイガードライバーでうのを沈めての快勝。



試合後、マイクを手にした雪妃は不敵な笑顔を浮かべながら、トトロとうのに向かって「優しい藤本さんがあなたたちに試合を組んでくださいました。満足のいく結果でしたか?試合出来たから満足ですか?まあそこそこ悔しいっていう感じの顔ですかね、それは。まあ今後戦う機会が訪れるかどうかはお前等次第なんじゃねぇの?お疲れさまでした。」と言うと、さっさとリングを降りてしまった。「待てよこら〜!」と叫ぶトトロに「待たねーよ。」と雪妃。さらに「何回でもやるから首洗って待っとけ!」との言葉にも「私の首はいつもキレイで〜す。」と言いながら、控室へと去ってしまった。

座談会の席で、うのは「後楽園ホール大会のあと、ユキさんの行動があって、自分は本当に気づくのが遅かったんですけど、自分が一番変わらなきゃいけないんだなということに、遅かったんですが、今さら気づきました。ユキさんは離れてはしまったんですけど、いい意味で警鐘を鳴らしてくれたというか、何もない自分に気づかせてくれたというか、そういう風に自分は思っています。そういうことに気づいてから、自分がこのリングの上で何を発信したいのか、そしてプロレスを通して何がしたいのかっていうのが、本当に何も持っていなかったんだなっていうのに、すごく気づきました。今日の試合だって、ずっとトトロが奮起していた。私はただそれを見ているだけ。自分も乱入していけばよかった。それすら出来なかった。これが今の私の現状です。3月14日、後楽園ホール大会、いよいよ関節軍が動き出します。朱里さんが参戦。そして自分と本間さん、進垣さん。今のままだと、私は埋もれてしまいます。打破しなきゃいけないし、あせっています。何か一日でも早く何か掴めるように日々、努力していかなきゃいけないなと思いました。」と語り、トトロは「知っている人もいると思うんですけど、2月24日の後楽園ホール大会のあとに、自分は雪妃真矢に首洗って待っておけよと、そういう内容のツイートをしました。毎日、そういう風に雪妃真矢に対して何かを伝える。これは雪妃真矢に対しての言葉でもあって、今ここで自分が出ていったら、場がしけるんじゃないかとか、場にそぐわないって思われるんじゃないかとか、そういう風に思って、前に出れなかった、そんな自分を鼓舞するためにも、そういう風にツイッターで書いてました。今日、首洗って待っとけよって偉そうに言っといて勝たれへんかったけど、でも、今までの自分には決別をして、これからもっと自分の思っていることを言って、それを言葉にするだけじゃなくて、行動にも移して結果にも移せるようにします。だから3月14日、絶対に新しいベルトの挑戦権を獲得するために、ラダーにもスルスル上れるようになるし、コーナーだって一瞬で上れるようになります。だから、そんな自分を見ていてください。」と語った。



ここで座談会には参加していなかった雪妃がリングに上がると「私、明言しておかなきゃいけないことがあると思って…。」と前置きし、「私が対立しているのが誰なのかって今イチわかっていない人がいるらしくて、アイスリボンっていう企業に不満があって私が出ていったと思っている人もいるみたいなんです。私、アイスリボンっていう企業にはなんの不満もないです。活躍に乗じてお給料もしっかり上がりますし、評価してくれますし、上手いこと社長を手なずければ…じゃなくて、上手いこと交渉すれば、社長はお話を聞いてくれる方だし、なので、アイスリボンていう企業に文句があって選手会長を辞めたわけでもない。そして、(ドロップキッカーズをみて)ベルトを持って活躍をしてる人、全く不満ないです。(世羅をみて)何度も何度もタイトル戦線で戦わせて頂いてる方になんの不満もないです。育てて頂いて一緒にタッグを組んで新しいベルトを狙う。そういう向上心のある方になんの文句もないです。それ以外の人ですよね。それ以外のアイスリボンの所属全員とここに明言しておきます。以上で〜す。」と語り、リングを後に。その言葉を受けて藤本は「なるほどね。身を持ってユキは教えたいんだろうね。くすぶってる中堅って言われたけど、中堅ていう言葉は例えなだけで、ユキが今言った人たちってことなのかな。でもその人たちが力をつければ、その人たちが発信力をつければ、アイスリボンはもっと盛り上がる。だからそのために身を持って教えてくれてるのかなって思いました。私も同じ意見ではあるんですけど、今日対戦してやっぱり思い入れもあるので、トトロとうのの気持ちに寄り添いたいなと思ったんですが、試合をしてみて、まだまだだなって思った。う〜ん…もっと考えた方がいいよ。トトロは話が長くて何を言ってるかさっぱり分からないし、頭に入ってこないかな。もっともっと考えてください。」と語った。

    ★発売中!
  • 2020/5/23後楽園
  • 2020/5/31SKIP
  • 2020/6/13横浜
  • 2020/7/12大阪

  • イベントレポート