アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • アイスリボン
  • 7/12大阪
  • 7/19SKIP
  • 7/25後楽園
リンク
  • 外部動画特集
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2020年03月14日  開始時間 11時30分〜 / 開場時刻 10時45分

アイスリボン後楽園大会「アイスリボンマーチ2020」

アイスリボン後楽園ホール大会
「アイスリボンマーチ2020」
2020年3月14日(土)後楽園ホール
10時45分開場/11時30分開始
観衆:553人

◆第1試合 Joint army結成 8人タッグマッチ20分1本勝負
朱里&本間多恵(Beginning)&〇松屋うの&進垣リナ(2AW) (12分10秒 ギブアップ) 青野未来(Beginning)&テクラ&バニー及川&Yappy✕
※RE:BORN Lock



【第1試合】
関節組改め『Joint army』の初陣マッチ。全員が得意とする関節技を狙い、開始早々、バニーを捉え、グランドに持ち込んでの関節技地獄へ誘う。青野、テクラはドロップキックを突破口に応戦し、Yappyはフルパワーで挑み、バニーも意地の反撃をみせるが、『Joint army』は初試合にも関わらず、息の合ったチームワークで圧倒していく。最後はYappyに連続攻撃を仕掛け、とどめはうのが飛びつき腕十字の形で決めるRE:BORN LOCKでフィニッシュした。

◆第2試合 宮城もち復帰戦 タッグマッチ20分1本勝負
〇つくし&尾ア妹加 (11分53秒 ハルカゼ) 星ハム子&宮城もち✕



【第2試合】
昨年7月6日『アイスリボン969』大会以来、アキレス腱断裂で欠場していた宮城もちが8ヵ月ぶりに本格復帰を果たした。その大事な復帰戦のパートナーは信頼の厚いハム子。もちの復帰と同時に、アイスの中で最もキャリアのあるタッグチーム、らぶりーぶっちゃーずが復活したわけだ。いつものダンスで入場したらぶっちゃ。もちはブランクを感じさせない動きをみせ、モンゴリアンチョップ、もっちりバディシザースなど、得意のムーブを繰り出し、ハム子とのバーガー攻撃やダブルバックドロップなど、連係技も息ぴったりで決めていった。最後は絶好調のつくしのでんでんむし、ハルカゼの連続丸め込み技にフォール負けを喫したもちだが、今後が期待できるファイトぶりだった。

◆第3試合 シングルマッチ20分1本勝負
〇アジャ・コング(OZアカデミー) (9分48秒 体固め) 星いぶき✕
※ダイビングエルボードロップ



【第3試合】
18年10月8日後楽園大会以来のシングルマッチ。前回は試合中緊張のあまり泣きじゃくっていたいぶきだが、今回は自ら望んでの再戦。しかも、前回、アジャが出した条件(=高校に入学すること。しっかり勉強すること)をクリアしての一戦だけに、気合は十分。序盤からアジャに「アジャ!アジャ!」と叫びながらエルボーを叩き込んでいくが、これをエルボースマッシュで打ち砕いたアジャは、場外に持ち込むとブレーンバスターからイスを脳天、腰に振り降ろす非情な攻撃。しかし、いぶきも粘りをみせる。アジャのヒップドロップをかわしてのハムロール、ブレーンバスターを切り返しての首固め、得意のエルボーも凄まじい形相で打ち込んでいく。しかし、いぶきのダイビングボディプレスをかわしたアジャは灯油缶攻撃からの垂直落下ブレーンバスターへ。これは意地でキックアウトしたいぶきだが、直後にコーナーからのダイビング・エルボードロップにカウント3を奪われた。



試合後、マイクを手にしたアジャは「いぶき!生きてるか。ちょっと遅くなったけど、高校入学おめでとう。高校に入ってもう一回やろうって言った約束は守ったぞ。お前数学と化学で100点取ったんだって?すげーな、お前。尊敬するわ。そうやってお前が頑張ってこれたのも(セコンドにいる)ハム子!お前いたからじゃないかなと思うよ。なんでお前が泣いてんの?上がってきなよ。お母さん頑張ってるなって凄い思うよ。だけども、俺は親になったことがないから本当のところは分からない。でも、子供はやったことあるんだよ、俺。だから子供の気持ちは分かるわけさ。親が心配してくれてるとかはすげーわかるんだけど、こっちはこっちなりに色々考えてるんだよ。痛い思いしなきゃ分かんないんだよ、子供はバカだからさ。でもいいんだよ、子供なんだもん。子供には子供の言い分があるんだよな、いぶき。だから、うるせえ親はぶっ飛ばしてやりてーんだよ。で、いぶきの今年の目標はハム子を倒すことだってチラッと聞いて、だからさ、いぶき、俺は子供の側に付くから、一緒にハム子ぶっ飛ばさないか?(マイクを向けられたいぶきが「やります!やってやる−!」と返答)子供チーム対親御さんチームってことでさぁ。近々どっか場所ありますかね?社長。
(佐藤社長が5月4日の横浜文体で星ハム子&X vsアジャ・コング&星いぶきを決定)

俺の心情は一生大人げなくだからな。大人になんかぜってーならねーからな。5月4日俺も痛い思いをしてやる。その代わり、最後はお前がガツンと決めろ。いいな、ぶっ飛ばすんだぞ。(いぶきが「ぶっ飛ばすぞ〜!」と返答)皆さん、壮絶な親子喧嘩を観に来てください。みんな子供だったから子供の気持ちは分かりますよね?子供には子供の言い分があるんだ〜!よし、いぶき、今日は一緒に帰るか。」といぶきに肩を貸して花道を引き揚げていった。この日、いぶきの打倒、ハム子に強力な援軍が現れた。決戦の舞台は5月4日文体だ。

◆第4試合 シングルマッチ20分1本勝負
✕藤本つかさ (17分14秒 裏高角度回転エビ固め) 鈴季すず〇



【第4試合】
前回の後楽園大会でちりんちりんを卒業したすずは、新生すず第1戦の対戦相手に藤本を指名し、自らは姿を消した。音信不通のすずは2月29日、3月7日と道場マッチ2大会に連続して乱入。藤本を襲撃し、その度に謎のメッセージ「脚」「蹴」「たつまき風のイラスト」を残した。そして迎えたこの日の藤本戦。すずは入場曲、コスチューム、髪型も変え、不敵な笑みを浮かべながらリングインし、藤本と向かい合った。先に仕掛けたのは藤本。はりつけドロップキックからコーナーに詰めての踏みつけから、対角コーナーに振る。これを側転で逃れたすずはドロップキックを放つ。藤本もすぐにドロップキックで応戦し、エースクラッシャー、サッカーキック、さらにPKを狙うが、この蹴り足を取ったすずはドラゴンスクリュー。さらにエビ固めの応酬から再度、PKを蹴らう藤本をドラゴンスクリューに決めたすずは、変形のアームブリーカーからチリンチリンなしのコーナー串刺しタックル、スピア―と攻め込む。藤本も串刺しドロップキック、低空ドロップキックからフェースロックで絞め上げる。これをしのいだすずはコーナーに上がった藤本をエプロン越しのデッドリードライブで投げ場外に落とすと、コーナーからのボディアタックを敢行。リングに戻った藤本にスワンダイブ式ドロップキックを放つ。さらに藤本のお株を奪う卍固めからジャーマン狙いでバックに回るが、これを逃れた藤本は極楽固めへ。ミサイルキック、はりつけドロップキック、ソバット、延髄斬りを決めた藤本が自らロープに飛ぶが、ここですずがカウンターのジャンピングハイキックを初公開。さらにスピンをかけたジャンピングハイキックをヒットさせたすずはその場飛びのムーンサルトプレスも初公開。そして再びバックに回ったすすだが、藤本は投げられた勢いを利してのバク宙で着地するとサッカーキック、PKからダイビングローリングネックブリーカーからカバーに入る。カウント2で返したすずにインフィニティを狙う藤本。これを切り返して逃れたすずはジャンピングハイキックから遂にジャーマン・スープレックスを爆発。なんとかカウント2で返した藤本はダメージを受けながらも、すずにカニカニクラッチ、ビーナスクラッチ、PKから、それぞれカバーに入るが、ことごとくすずがキックアウト。勝負に出た藤本のビーナスシュートをかわすとグラン・マエストラ・デ・テキーラへ。なんとかカウント2で返した藤本はインフィニティを決めるが、すずもカウント2でギリギリ返す。遂にすずを肩口に抱え上げジャパニーズ・オーシャンを仕掛けにいこうとした藤本だが、すずは肩口で体を反転させるとバックに回り込み、回転エビ固めへ。虚を衝かれた藤本はこれを返すことができず。すずがまさかの藤本から大金星、シングル初勝利をモノにした。

〈試合後の鈴季すず〉



「わーーー勝ちましたよ。勝った〜!勝ちました?勝った!勝った!修行の甲斐がありましたね。藤本つかさ越えですよ。修行の間に練っていた作戦を全部出せましたね。修行やってよかったです。最後の切り返しも、藤本つかさにいつもサイクロンで負けてるんですよ。変わる前。いつもいつもサイクロンで取られてたんで、ちょっと、たぶん決まったと思ったんじゃないですか?あそこで。そこの隙間ついて、隙をつきましたね。」
――最後の技は
「実は藤本つかさが以前フィニッシュで使ってたんですよ。修行の間にあの人の昔の頃の試合、新人の頃の試合、自分と同じキャリアの時の試合、全部観たんで。まさか自分が使ってた技で負けるなんて思わなかったんじゃないですか?」
――ベルトをねらっていくのか
「もちろん。タイトル、ベルト、獲りますよ。挑戦するだけじゃ終わらないんで。今の鈴季すずに勝てる人はいないんじゃないですか。それくらい自信があります。藤本つかさに勝ったということは、そういうことです。自分はずっとアイスリボンを引っ張って言ってるんで。今年こそ、アイスリボンのトップに上り詰めようかと思ってます。毎回言ってますけど、自信しかないですね。だって今日、藤本つかさに勝ったんですよ。凄いことじゃないですか。自信しかないです、今。これで、アイスで滞ってるって言われてる人たちも、今の試合を観てどう思ったのか、楽しみです。(今日のコスチュームは)凄い日本ぽいのがやりたくて、忍者って強いじゃないですか。そして、奇想天外なことをするじゃないですか。なんかそれをイメージして作ってみました。」

〈試合後の藤本つかさ〉



「あ〜悔しい。(囲むマスコミが少ないのを見て)負けた人間のコメントは聞く必要ないっていうんですか?悲しい。もう。これが明暗ですよね。勝ちと負けの。私、常日頃からファンの声援って力になりますか?って聞かれることがあるんです。それをバシっと応えられる人になりたいってずっと思ってたんですよ。それが今日、すずによって証明された気がして、凄く悔しいです。実力でもキャリアでも私の方があったんですけど、それを上回る勢い、気持ち、今後のビジョンやお客さんの声援が全部上回って。そういうのってやっぱり勝つんだなって、すずによって教えられた気がして。お客さんの声援は力になりますか?って聞かれたら、これからバシっと答えられる気がします、悔しいけど。」
――すずの変化や成長は
「まず入場の時、これは敗因の1つなんですけど、現れたことで安心してしまった感があったんですよ。よかった、今日試合が出来るなっていう。それが甘かったかな。あの子は私と試合することじゃなくて、勝つことを目標にしていた。私は今日、この大会を無事に迎えられてすずと試合をすること、それが自分の中の目標だった気がして、その差ですね。見た目だったり、髪型、コスチューム、入場曲、それを変えることは私だって明日にでも出来る。だけど、そうじゃない部分、3週間で人は変わるんだなって。今くすぶってる人とか、何か悩んでる人とかいたら、人は3週間あれば変わるんだよって、それをすずが見せたんじゃないですかね。」
――すずがベルト挑戦を表明したが
「言ってました?(メインで)ユキが来てもくるみが来てもまだまだ2人の方が(すずより)強いと思うんです。だけど、強い人が勝つのかって言ったら半分はイエスで半分はノー。ノーの部分が勢いとかお客さんの声援とか気持ちとかそういうものが上回ってくると思うので。私は対戦してるから自信を持って言いますけど、いけるんじゃないかと思っています。悔しいけど。(文体の)メインに立てる人っていうのはチャンスを物にする人。チャンスを与えられてもそれをものに出来ない人はいっぱいいるけど、1回のチャンスを1回でものにするっていうのはやっぱり持ってる選手なんだなと思います。あ〜、試合前から試合後まで全てすずの手のひらで転がされました。完敗です。」

◆第5試合 新王座挑戦者決定4Wayラダーマッチ 時間無制限
〇山下りな(10分59秒 挑戦権獲得)
〇世羅りさ(15分00秒 挑戦権獲得)
※もう2人は ラム会長 トトロさつき
※5月4日横浜文化体育館大会 Fantast ICE初代王者決定戦 世羅りさvs山下りな



【第5試合】
5月4日横浜文体で新設される新しいシングル王座は、タイトル戦のルールをチャンピオンが決められるという一風変わった王座。そしていの一番に名乗りを挙げたのは、過去、ICE王者時代にもハードコアルールでタイトル戦を行っている世羅。そしてアイスのベルト獲りに意欲を燃やすラム会長、山下のエネミー軍、現状に危機感を抱くトトロの4人。リング上には「挑戦権」の紙が2枚吊るされ、その中央にラダーが用意された。フォール勝ちを狙うのではなく、いかに残りの選手を蹴散らして、早くラダーに登って挑戦権をゲットするかが勝負となるだけに、いつもの試合と違った戦略が必要になる一戦。序盤からラダーを使い慣れている世羅と山下が巧みにラダーを凶器として使用しながら、試合をリードしていく。その中でまず山下がチャンスを掴んだ。ラダーを上がろうとするトトロに会長が死の灰を顔面に大量に投げつける。トトロがラダーから落ち悶絶する隙に山下と会長が両サイドからラダーに上がる。残った世羅は2人を阻止することはできず、会長を落とす間に山下が1枚目の挑戦権を掴んだ。残るは1枚。会長がトトロにレインメイカーを決めラダーに上がるところを捕まえた世羅が羅紗鋏を決める。ラダーを上がる世羅をトトロが阻止。コーナーからのダイビングセントーンからフォーリングトトロを狙うが、トトロがコーナーに上がるタイミングで起き上がった世羅が追い掛け、雪崩式ブレーンバスター、そしてラダー最上段からのダイビングダブルニードロップを決め完全KOすると、悠々ラダーを上り挑戦権を掴んだ。


これにより5月4日文体で行われる王座決定戦は世羅りさvs山下りなに決定した。

◆第6試合 ICE×∞選手権試合 30分1本勝負
〇[王者]雪妃真矢 (21分29秒 レフェリーストップ) 柊くるみ[挑戦者]✕
※アイシクル・バック・トライアングル
※第30代王者4度目の防衛に成功



【第6試合】
前回の後楽園大会で藤田あかねを破り、3度目の王座防衛を果たした雪妃は、試合後、アイスの「中堅」と呼ばれる選手たちへの苛立ちを隠すことなく、エネミー軍のラム会長、山下を呼び込むと、エネミー軍との結束を表明した。これに待ったをかけたのがくるみだ。3人がカメラに収まろうとする背後から雪妃に襲い掛かると、王座挑戦をアピール。アイスリボンの怪物が久々にシングル戦線に名乗りを挙げた。ゴングが鳴ったあとも両者がコーナーから動かずに視殺戦を展開。ゆっくりとリングを回り始め、近づくとくるみから力比べを仕掛けていった。先手必勝とばかりに開始早々に雪妃をエプロンに誘い出したくるみはエプロンでの人でなしドライバーを爆発。さらに場外でのジャーマンを狙ったくるみだが、これは雪妃が阻止。コーナー際のラリアットも自爆させると、ダメージの残るくるみの腕を鉄柱で絞り上げ、さらにイスで痛めつける。リングに戻ってもくるみの右腕に集中攻撃を仕掛けていった雪妃。腕を押さえ苦悶するくるみだが、パワーで応戦するとその場フットスタンプの連打を放つが、雪妃は徹底した右腕狙いでじわじわとくるみを追い込んでいく。くるみのダイビングボディプレスを間一髪でかわし、くるみの背後から御神渡りを叩き込み、スピンハイキック、蹴りのコンビネーションからバズソーキックを決めカバーに入るが、これはくるみがキックアウト。すぐに雪妃は御神渡りを正面から叩き込み再びカバーに入るが、これもくるみが返す。コーナーに上がる雪妃。これを追ったくるみが雪崩式ブレーンバスターを決める。すぐに起き上がった雪妃はくるみの顔面にストンピングを連打。さらに真正面に対峙すると張り手を叩き込む。これに怒ったくるみが強烈な張り手で雪妃を吹っ飛ばすと、コーナーに詰めてのストンピングを連打。再び雪妃の蹴り連打を浴びるも、くるみはカウンターのラリアットで吹っ飛ばすと、雪妃をリバースの人でなしドライバーに決め、さらに人でなしドライバーからのジャーマン・スープレックスを決める。なんとかカウント2で返した雪妃に、くるみはダイビングボディプレスを放つが、雪妃は反転してカバー。キックアウトしたくるみをウィールウィンド。反転するくるみを三角絞めに固めた雪妃はさらに反転してアイシクルバックトライアングルへ。がっちりとくるみの腕を取った雪妃は強烈に絞め上げる。自分からはギブアップの声を上げなかったくるみだが、これ以上は危険と判断した一二三レフェリーが試合を止め、レフェリーストップにより雪妃が王座防衛を果たした。

〈試合後のリング上〉



雪妃「すいませんねぇ。雪妃真矢が防衛しちゃいましたよ。(ブーイングと拍手が半々)くるみさん、ちょっと裏で聞いてましたよ、試合前のV。表現が苦手な子もいる、口に出来ない子もいる、そういう子に寄り添って話を聞いてあげるとか、そういう方法もあったんじゃないのかなって、くるみさんがやってあげたらどうですかね。後輩たちの気持ちが分かる?後輩たちは知らなかったですよね。くるみさんが不器用だとか、試合でも、どちらかと言うと劣等生だったとか、こんな機会がなければ後輩たちにとっては何でも出来るくるみさんでしたよね。でも、これを機会に知れてよかったじゃないですか。くるみさんは皆さんの気持ちが分かるそうですよ。是非相談したらいいと思うし、寄り添ってもらったらいいと思います。残念ながら私は寄り添い疲れたのでね。くるみさん10周年なんですよね。くるみさんの戦いって、もっともっと色んな人に知って欲しくないですか?アイスリボンの柊くるみをこの業界に知らしめて欲しいとか、世間に知らしめて欲しいとか、そう願うのって勝手なことですかね?是非ハタチになり10周年を迎えるこの時に、ちょっとアピールしたがるくるみさんに期待してますけど、無理なら無理でいいです。」
くるみ「レフェリーストップで負けるとか、10年やってきて1回もないんですよ。だから、めちゃくちゃ悔しい。でも、負けたのは事実だから、そこは認める。でも、柊くるみはまだまだこんなんじゃねーんだよ。10歳の頃からプロレスやって、今、こうやって10年を前にベルトに挑戦して負けたけど、まだまだ、まだまだ、人でなしの柊くるみでいるんで。だから、また試合するとき絶対負けないから。だから、また試合しましょう。でも、お前のその行動は認めてねーからな。絶対認めない。」
雪妃「いいんじゃないですか。またやりましょうよ。残念ながら今の私はアイスリボン所属、誰にも負ける気しませんけどね。」

※すずがリングに上がってくる



すず「鈴季すずがいるだろーが!ユキさん、鈴季すずは今日、変わりました。だから、そのベルト挑戦させてください。藤本つかさに勝ったんだよ!」
雪妃「(藤本に)何やってんですか。私どれだけかかったと思ってんですか、勝つのに。あ、そうなんだ。でもお客様の声を聞く限り、支持されてるみたいだね。言われなくても、やるなら次の(横浜文体の垂れ幕を指さす)5月4日、最後の横浜文体で、メインでやりましょうか。私はまだあなたのREBORNを体験してないので楽しみにしてます。言っとくけど、私、文体のメイン3回目だから。初のメイン頑張ろうね。」
すず「お願いします。」



雪妃がリングを去った後、残ったすずの元に藤本が近づき、その刈り上げヘアを掴みながら「おい!この刈り上げ失踪ガールめ!悔しすぎる!でも1つ良いお知らせがあります。練習生の石川〜!カモ〜ン!」と練習生の石川をリングに呼び込む。「一時はデビュー戦流れちゃいましたけど、改めて、5月4日横浜文体、石川デビュー決定!」と石川のデビューを発表。喜びを爆発させた石川は涙を浮かべながら「もう諦めろって言われるのかと思って、ありがとうございます。よろしくお願いします。」と挨拶。会場の観客からの激励を受けた。

〈試合後の雪妃真矢〉



「ブーイングされましたねえ(苦笑)。まあまあまあ、面白くなってきたっていう感じですかね。いいんじゃないですか。珍しいですよね、所属に対してのブーイングは。私アイスリボンに所属するようになって、自分は柊くるみにシングルでタイトルマッチで勝つ日が来るなんて想像もしてなかったですよ。つまり、私が信念持ってやってきたことが結果に現れたってことなので、私は私の信じることをやろうかなって自信になりました。ただダメージがね、凄いですね。人でなしですよね。あれが人でなしじゃないなら何が人でなしですか。序盤から腰がずっと頭に飛んでて気持ちよくなっちゃいました、最初から。チカチカしっぱなしでございましたが、どうやら防衛したようですので、私が。(腕攻めは)私はくるみさんとやるのにキャリアの全てを総動員しなければ勝てるわけがないと思ってたので、だけど私はこのキャリアの中で色んなタイプの人と戦ってきて、場外を引き回されることもあれば、凶器を使われることもあればっていう戦いもしてきたし、大きい選手と戦うのは、小さい選手と戦うのはって、私のサイズ感っていうのに凄い悩んだんですよ。アイスでやるには大きい方。だけど他の団体でやるには細い方っていうので、もの凄い不自由をして、どちらにも勝てる方法はなんだろうってずっと模索しながらやってきたことが私のファイトスタイルである、なんでもやる、飛ぶし投げるし決めるし蹴るしっていうのはとっちらかってやってるっていう風に思われることもあるんですけど、私は私の体型でやれる戦い方を模索してこういう形になって、それが今日結果を出したので、なんか凄く私はREBORNした気になってます、勝手に。
――すずが挑戦を表明したことに関しては
藤本さん何やってんだって感じですけど、それだけすずが生まれ変わって帰ってきたってことなんですね。あれだけのお客さんの支持を見ると。試合は観てないですけど。文体のメインに相応しいREBORNを遂げたっていうことなんでしょう。楽しみにしてます。私は有言実行、三度目の文体メイン立ちますので。初メイン、せいぜい頑張って頂いて、雪妃真矢の肥やしになって頂きましょう。ただ1つ言えるのは、文体のメインは楽しいですよ、凄く。私は楽しむだけですね。赤コーナーに立つのが初めてです、今回。景色が違うんでしょうね。私はそれを夢見てた。赤コーナーからの景色はどうなんだろうって。文体で一番最後に入場するのはどんな気分だろうって思ってたので、それをやっと勝ち取ったような気持ち。アイスリボンとして最後の文体の最後の入場者に私がなります。夢がまた一個叶いましたよ。」

〈試合後の柊くるみ〉



「負けました。負けたつもりはないんですけどね。レフリーストップになってしまったんで。負けは認めます。伝わったんですかねぇ?雪妃真矢には。自分は伝えたので、少しでも自分の気持ちが伝わってればなと思います。なんか、いつ以来ですかね?シングル。なんか、1年半前はあんまり手応えがなかったと言うか、当たってて全然物足りなかったんですけど、今日はタイトルをやって本当にバチバチやれたんで、1年半で成長してたなという感じはありました。でも、なんかムカつくんで、レフリーストップで負けた自分にもムカつくんで、まだまだ雪妃真矢の行動は気にくわないので、この先も試合したいなって思います。もちも復帰したんで、あかねが戻ってきたらフランクでまたやっていって、フランクで、フランクの反逆みたいな感じでやっていけたらと思います。」

    ★発売中!
  • 2020/7/12大阪
  • 2020/7/19SKIP
  • 2020/7/25後楽園
  • 2020/8/23SKIP
  • 2020/8/29後楽園
  • 2020/9/5横浜

  • イベントレポート