アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 3/31後楽園
  • 3/31後楽園
  • 3/31後楽園
リンク
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2019年03月17日  開始時間 13時00分〜 / 開場時刻 12時30分

千葉リボン 1部

「千葉リボン 1部」
2019年3月17日(日)
12時30分開場/13時00分開始
観衆 174人

◆第1試合 シングルマッチ10分1本勝負
✕朝陽 (6分04秒 ギブアップ) 星月芽依(Marvelous)〇
※逆エビ固め



【第1試合】
2月9日横浜、2月11日道場マッチと、戦うたびに熱気が増していくアイスvsマーベラスの若手対決は、第3ラウンドにしてシングル2番勝負が組まれた。まずは朝陽vs星月。キャリアでは1年先輩となる朝陽にとっては自力初勝利のチャンス到来の一戦だ。序盤から果敢に攻めていった朝陽はランニングフェースバスター、ドロップキック、ボディスラムを決めるが、星月も負けじとドロップキックをヒットさせ、逆エビ固めで朝陽に反撃する。さらに朝陽のミサイルキックをかわした星月は弓矢固めを決めると、朝陽のエビ固めをキックアウトするとしゃちほこ固めに近い急角度の逆エビ固めを決め、朝陽からギブアップ勝ちを奪った。

◆第2試合 シングルマッチ10分1本勝負
〇鈴季すず(7分29秒 カニカニクリップ)Maria(Marvelous)✕



【第2試合】
若手対決の2戦目はすずvsMariaの一戦。デビュー戦の相手が藤本だったりと、何かとアイスには縁のあるMariaは先制のアキレス腱固めを決め、さらに逆片エビ固めに移行する。そしてドロップキック4連発で一気に勝負に出たMariaだが、これをなんとかしのいだすずはちりんちりん串刺しスピアーで反撃に出ると、丸め込みの応酬から最後はカニカニクリップを決め、逆転勝ちを飾った。



そしてエプロンにいた朝陽が引き上げようとするすずを急襲。なんとか他の選手たちに分けられたが、すずの勝利に高まりを隠せない朝陽。2部でのタッグ戦に向けて遺恨を残す形となった。

◆第3試合 シングルマッチ15分1本勝負
〇宮城もち (7分42秒 片エビ固め) トトロさつき✕
※リバーススプラッシュ



【第3試合】
重量級同士のシングルマッチ。前日のトライアングルリボンでもちに敗れているトトロはセントーンを連発し、さらにカミカゼを決め、コーナーからのセントーンを仕掛けるが、これを間一髪かわしたもちはDDTでトトロの動きを止めると、コーナーでのリバースフットスタンプの連打、そしてリバーススプラッシュを決め、トトロからカウント3を奪取。

◆第4試合 ジュリア復帰戦 タッグマッチ20分1本勝負
〇倉垣翼&門倉凛(Marvelous) (15分57秒 エビ固め) テキーラ沙弥&ジュリア✕
※ハヤブサ直伝ファルコンアロー



【第4試合】
地元凱旋のジュリアの復帰戦は沙弥とのBurning Rawでの出陣。対戦相手の倉垣、門倉共に千葉出身と、千葉リボンの大会名にふさわしい一戦となった。この日からコスチュームも新調したジュリア。開始早々、沙弥を捉えた倉垣と門倉はそのジュリアを呼び込むと3人で「千葉、サイコー!」とポーズを決めるなど、ローカルの団結力をアピール。さすがに沙弥に怒られたジュリアは、今度は沙弥との連係を決め、Burning Rawでの復帰をアピールし、気合十分のファイトで倉垣、門倉に挑んでいく。試合は両チームが激しい攻防を繰り広げる15分超えの好試合となったが、最後はパワーで圧倒する倉垣がBurning Raw2人をアルゼンチンバックブリーカーに決める荒技を見せると、ジュリアの蜘蛛の巣も力で振りほどき、豪快なファルコンアローでジュリアを沈めた。

◆第5試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
✕雪妃真矢&藤本つかさ&世羅りさ (18分22秒 片エビ固め) 弓李&尾ア妹加〇&つくし
※ダイビングセントーン



【第5試合】
第1部のメインは地元凱旋の雪妃がパートナーの世羅、そして藤本という強力な布陣で登場。第2部でリボンタッグ戦を行うチャンピオンのGEKOKU娘と、3月31日後楽園でICE×∞王座初防衛戦の相手であるつくしとのダブル前哨戦に臨んだ。試合は雪妃vs弓李の顔合わせでスタートするも、妹加とのダブル攻撃が雪妃を捉え、さらにはつくしも雪妃に正面から挑んでいく。藤本、世羅も雪妃をフォローするもGEKOKU娘&つくしの勢いを止めるには至らない。弓李のバッククラッカーと妹加のセントーンの合体技を雪妃に決め、さらに妹加がアルゼンチンバックブリーカーで絞め上げると、最後はつくしのダイビングフットスタンプから妹加のダイビングセントーンが決まり、標的の雪妃から3カウントを奪った。試合後、マイクを手にしたのは勝者チーム。



(つくし)「あ〜あ、ユキさん、凱旋試合なのに負けちゃいましたね〜。こんなんで3月31日後楽園ホール大会大丈夫なんですか?顎に傷なんか付けちゃって、ね〜。」



(妹加)「あ〜あ、余裕。余裕で勝てましたけど、この後2部で防衛戦するんですけど、ちょっとの時間でも回復させておいてくださいね。」
(弓李)「覚悟しとけ〜!」と全員が雪妃を挑発。エンディングで雪妃は2部での王座獲りを誓い、地元ファンへ決意表明。
雪妃は初凱旋で負けてしまったが、凱旋ということもあり、悔しい気持ちを堪えて気丈に振る舞っていた。すると、そこに藤本と世羅がやってきて「負けて悔しかったら泣いていいんだよ。1部は泣いて、2部で勝って笑おう。」という言葉に号泣。
泣きながらプロレスでハッピーアイスリボンを叫んだ1部となった。

    ★発売中!
  • 2019/03/31後楽園
  • 2019/04/14SKIP
  • 2019/05/01横浜
  • 2019/05/02横浜
  • 2019/05/03横浜
  • 2019/05/25大阪
  • 2019/06/15仙台
  • ★3/31より発売
  • 2019/08/24後楽園

    ★発売中!!
  • 2019/3/31後楽園
  • 2019/4/14SKIP
  • 2019/5/1横浜
  • 2019/5/2横浜
  • 2019/5/3横浜
  • 2019/5/11広島
  • 2019/5/25大阪
  • 2019/6/15仙台
  • 2019/9/14文体
  • ★3/31より発売!
  • 2019/8/24後楽園
  • イベントレポート
  • 日刊真琴コール
    ツーカウント
    真琴いんアメリカ
    石井家のごはん
    しもうま家のごはん
    さくらいと
    電子パンフレット
    おはようニュース
    おはようリボン
    月刊アイスリボン
    19時女子プロレス