アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 11/24横浜
  • 12/2千葉
  • 12/9両国KFC
リンク
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2018年10月20日  開始時間 18時00分〜 / 開場時刻 17時30分

セクシーハムシー雑草魂!星ハム子36歳生誕祭〜後輩の頑張りを身体で感じたいの〜

セクシーハムシー雑草魂!
星ハム子36歳生誕祭 〜後輩の頑張りを身体で感じたいの❤〜
(アイスリボン915)
2018年10月20日(土)アイスリボン道場
17時30分開場/18時00分開始
観衆 112人(超満員)

【オープニング】

今回の道場マッチはハム子36歳の生誕祭。前説もハム子ひとりで担当することになったが、噛んだり咳き込んだりと緊張しまくり。エプロンで練習生のすずとレフェリーのバニーが水を渡そうとするが、それさえ目に入らないほどのテンパりっぷりを見せ、ハム子らしい生誕祭興行の幕開けとなった。

◆第1試合 シングルマッチ10分1本勝負
エルボー対決が見たい!
×星いぶき (6分48秒 体固め) つくし○
※ダイビングフットスタンプ


【第1試合】
通常ならばハム子が主役になる大会だが、今回、ハム子は「後輩の頑張り」をテーマに次世代の選手たちを主役にするマッチメイクをラインナップしてきた。
まず第1試合ではハム子の実娘のいぶきとつくしの初シングル戦。「エルボー対決が見たい!」というハム子のリクエストに応えるかのように、2人はリング中央でエルボー合戦を展開する。最初は両手でいぶきのエルボーをガードしていたつくしだが、逆に腕にダメージを浴びてしまい、あえて真正面から受けて立つなど、サブタイトルどおりの気合の入った攻防戦となった。いぶきがつくしのお株を奪うダイビングエルボーを初公開すれば、つくしは低空ドロップキック、ミサイルキックからダイビングエルボーを叩き込み、最後はダイビングフットスタンプでカウント3を奪った。
試合後、いぶきは「今日は6歳離れてるつくしババアさんとやりました。小さい頃からつくしさんにはお世話になってるんですけど、今日試合してみて自分より(歳が)離れてるので、ババアって思いました。若い力ってイイ感じですよね。そして、トーナメントなんですけど、一回戦は私の義理のお母さんである、もちお母さんです。初シングルなので、お母さんが相手でも倒したいと思います。」と語り、つくしは「(ハム子に向かって)ちょっとどういう教育してるんですか?ちっちゃい頃はつくたん、つくたんって言ってくれてたのに、ババアって…ねぇ。まだ若いんだよ。私はまだ若いです。エルボー対決は自分が勝ったので、また何年か後にエルボー対決したいと思います。」と語った。

◆第2試合 トライアングルリボン15分1本勝負
うの氏!2人の先輩から何かを掴め!
×宮城もち(6分27秒 U・N・O)松屋うの○
※もう1人は世羅りさ


【第2試合】
デビューから2年以上経つものの、なかなか浮上できずにいるうのに対して、ハム子はもち、世羅とのトライアングル戦を用意した。「2人の先輩から学べ」といううのへのメッセージが込められていたものの、開始早々、うのはもち、世羅に対して「逆に私から学べ!」と胸を張ると、もち、世羅の攻撃を浴びまくっても折れることなく、スクールボーイ、セイバーチョップと、うのらしい反撃を仕掛けていく。 そして最後はスクールボーイの連発から、腕を極めながらスクールボーイで丸め込むU・N・Oでまさかの3カウントを奪取。
歓喜の勝利をモノにした。敗れたもちは「勝利したかったんですが…もう何も言いません。トーナメントがこれから始まるので、今日うのに負けたことによって、本気になれそうだなって思います。タッグのベルトがあるから満足してる自分もいるんですけど、せっかくこうやってベルトのトーナメントがあるので、本気で取りに行きます。なので、後輩が来ようが先輩が来ようが容赦しません。」と気持ちを切り換える。
世羅は「トライアングル苦手だな〜と思いつつ、今日試合前もちさんと、“最近うのイキってるからさぁ、懲らしめてやろうぜ”みたいな話をしてたんです。そしたら本当にイキってきてさ〜、調子狂うんですよね、うの氏と試合すると。とんでもない所からセイバーチョップが飛んできたりするし。爆破並の衝撃だよね、うの氏のセイバーチョップは。爆女王の私が言ってるんだから、間違いないと思う。セイバーチョップは今後大切に使ってください。ということで、爆破の話が出ましたけど、(藤本に)興味は出てきましたか?12月2日辺りにやりたいんですけど。私も爆破マッチをやるために動いちゃってて、やってもらわないと困るんですよ。だから、10月28日に思い知らせてあげます。絶対やらせます。」と藤本に向かって語った。
そしてうのは「やった〜!!やった、やった、やった〜!!私の言ったことが現実になりましたねぇ。お二人も私から掴んだものが多いんじゃないですか?今日は。3WAYだから勝ったのかもしれないし、たまたまかもしれないし、でも私は今日の勝ちを自信に繋げて両国、そしてトーナメント、突き進んで行きたいと思います。トーナメント一回戦は同期のテキーラ沙弥と対決です。絶対に負けたくないし、なめんじゃねーぞ!」

◆第3試合 タッグマッチ15分1本勝負
全員初ハム子になってみてね♡
○星あかね(藤田あかね)&星妹加(尾崎妹加) (11分12秒 片エビ固め)雪ハム子 (雪妃真矢)&星ジュリ子(ジュリア)×
※ダイビングボディプレス
※星ハム子の技のみフィニッシュとなる


【第3試合】
生誕祭恒例のコスチュームチェンジ&なりきりマッチは、今回が全員、初めてハム子のコスチュームを着るという4人が揃った。コールされたリングネームは星あかね、星妹加、雪ハム子、星ジュリ子といずれもハム子もじりの名前で、序盤からセクシーポーズを競い合うなど、なりきりパフォーマンスを展開するとハム子のムーブを随所に繰り出していく。
しかし試合に熱が入ると、ルールも飛んでしまう。ハム子の技でないと勝てないため、雪妃との連続ハムロール、女の執念とハム子の技で再度、フォールを狙いに行ったジュリアだが、あかね、妹加の連続ラリアットを浴び、最後はあかねのダイビングボディプレスに逆転フォール負けを喫した。
ジュリアは「は〜い!星ジュリ子で〜す!今日はハム子さんの誕生日で、私は去年の今日、最初で最後のエキシビションでハム子さんに対戦していただいたので、ちょうどあの日から1年って考えると、なんか1年て早いなって思って…。ありがとうございます、本当に。こうやってハム子さんのコスチュームマッチとか憧れがあったので、凄い嬉しくて。ハムさんありがとうございます。で、両国なんですけど、私格闘代理戦争を終えて、ボコボコになった可哀相な姿を見た鈴木秀樹さんが、幸せを届けに来てくれました。そこで、鈴木秀樹さん直伝の幸せリストロックと噛み付きという技を教えてもらったんですけど、これさえあれば松本都には絶対に勝てる。勝てなかったら技を二度と使うなと言われていますので、練習もバッチリ出来てますので、28日両国は松本都からシングルで勝って、先に進みたいと思います。」と都とのシングル戦に必勝を期した。
雪妃は「今日はジュリアをサポートしきれずジュリアが負けてしまいましたが、うちらの敗因はルールを把握していなかったことだね。でも今日ハムさんのコスチュームは初めて着させて頂いたんですけど、横が余って縦が足りない。非常に着心地が悪い。もう私はハムさんのコスチュームをお借りすることはないなと思いかもしれないなと思いました。でも嬉しかったです、初めて着れて。楽しかった。私のトーナメントの初戦はトトロさつき。トトロの凱旋興行である大阪リボンでシングルが決まっています。私としてはトトロの地元でシングルが出来るっていうことが非常に光栄なことだと思っていますけど、前から言っているように私はシングルのベルトを諦めてなくて、私が一番シングル、シングルって言ってると思うんですよ。なので、間違いなく私はトトロに勝つと思います例えトトロの凱旋だろうと、譲る気はありません。初戦からぶっ飛ばしていきます。」と再び巡ってきた王座挑戦のチャンスに気合十分。 妹加は「らぶっちゃのコスチュームを着させて頂いたんですけど、見てる分には派手で凄いキラキラしてるなって思ってて、自分のコスチュームはそんなに派手じゃないので、可愛いな〜って思って見てたんですけど、いざ着てみると凄い落ち着かないですね。トーナメントは私は、一回戦でつくしさんと弓李さんが対戦して、勝ち上がった方が私と試合というトーナメントになってるんですけど、(弓李に向かって)私個人としては弓李さんに勝って上がってきてもらいたい。それで、シングルしたいなと私は思っています。自分の力で勝ち進んできてください。私は待ってます。」と盟友の弓李にメッセージを送った。
あかねは「愛媛のブーブーみかんです。ハムさんは初の人を集めたって言ったじゃないですか。3回目なんですよ、着るの。コスチュームマッチはやったことなかったんですけど、被災地キャラバンでハムさんのコスチュームを着ることがあって、2回目はただ単純に忘れたから罰ゲーム的な感じで青いヤツを着せてもらって、これが3回目なんですよ。ただ、生まれて初めてつけまつげを着けることが出来ました。トーナメント初戦はハムさんですよ。いつぶりですかね?シングルって。もう覚えてないくらいですけど、今日わしハムさんの技めっちゃ使ってハムさんの技で勝ってるんですよ。ということは、ずーっと戦ってなくても見てましたよ。対策もバッチリですよ。11月3日大阪ですよね。それまでにこのブカブカのコスチュームがパンパンになるぐらい増量してから迎えたいと思います。」とハム子との一戦に闘志を燃やした。

◆第4試合 6人タッグマッチ20分1本勝負
あなた達に頑張ってほしい!
藤本つかさ&○星ハム子&松本都 (13分58秒 片エビ固め) 弓李×&テキーラ沙弥&トトロさつき
※ダイビングボディプレス


【第4試合】
ハム子が今、一番頑張ってほしいと期待を寄せている弓李、テキーラ、トトロがトリオを結成。
ハム子は8月26日文体以来、すっかりいつもの通りにバラバラになってしまった2008年組とトリオを結成し、改めて同期の絆をアピールした。
試合はハム子の期待に応えようと若い3選手がフルファイトを展開する。しかし、一方の2008年組は手当たり次第に試合の流れを都が荒らしまくり、藤本がアシストに徹した試合運びの巧みさをみせ、そしてハム子が後輩3人に正面からぶちかます2008年組ならではの合ってるような合ってないようなチームワーク(!?)をみせる。最後はハム子が弓李を捉えて、2008年組のトリプルハムロールから、藤本と都のサッカーキック&シャイニング崖ザードのサンドイッチ攻撃とつなぎ、ハム子がラリアットからバックフリップ、そしてダイビングボディプレスで自身の生誕祭に有終の美を飾った。と、そこへ「文句がある!」といぶきがリングへ。


いぶき「文句があるんですけど、携帯いじりすぎです。高校の話をしてるのに、なんでずっとツムツムをしてるの?聞いてんの?高校落ちたら恥かくじゃん。」
ハム子「お前が落ちたら私も恥かくんだよ。」
いぶき「じゃあちゃんと高校の話聞けよ。ツムツム、ツムツムしてさ〜。辞めてよ!」
ハム子「辞めるわけねーだろ!」
いぶき「ツムツムのせいでずーっと携帯いじってんじゃん。36歳を機に直して!そして、腰に巻いてるベルト、全然似合わない。ベルトよりも似合うものがある。これだ!」


ここでバースデーケーキが登場。いぶきが受け取り、ハム子に笑顔で「ドッキリです。おめでとう。」と祝福するが、ハム子は苦笑いを浮かべながら「ありがとう。」と言いながらローソクの火を吹き消した。

そして試合後の座談会では弓李が「生誕祭の対戦相手に選んで頂いて凄く光栄です。自分がデビューして前髪ぱっつんな髪型してた時があったじゃないですか。その時に、ハムさんのコスチュームなりきりをさせて頂いて、でも、セクシーポーズが出来なくて出来なくて、半泣きするぐらい嫌で、そこから考えると自分も長い間やってきたんだなって思って。凄く戦えて嬉しかったです。」と語り、
トトロは「メインの相手に選んで頂いて、その時に、この3人は頑張って欲しいって言っていただけて、その時も正直泣きそうだったんですけど、今もスルスル喋るつもりがまた泣いてしまいました。これからもよろしくお願いします。少しでも今日自分達の頑張ってるなっていうのを感じてもらえてたら凄い嬉しいです。そして、トーナメント、ユキさん、先に言っときます。自分、凄い技準備してるんで、その凄い技で自分がユキさんに勝ってトーナメント優勝します。」と新技披露を予告。
沙弥は「ハムさんとは1歳しか変わらないんですが、私はハム子さんのことはお母さんみたいと思って、母は強しと言いますが、子供がいるって凄いんだなって思います。だから私のことも子供だと思って…(「何言ってんの?」とハム子)そして、トーナメントは11月3日の大阪で松屋うの。調子に乗ってるらしいですけど、余裕だなと思ってたら、今日なんとタッグチャンピオンが負けてるってことで、ちょっとうのちゃん、警戒しなきゃいけないなと思いました。そして、その反面爆女王がうのに負けてるってことは、18日広島で爆女王に挑戦させて頂くんですけど、チャンス見えたなって思いました。」と語り、
藤本は「(都に無理矢理先に行けと押し出され)本当にイライラするね。試合以外でも。なぜこのカードを組んだのですかね。相変わらずイキの合わない2008年組ですが、節目にハムさんと一緒に立てるっていうのは、そこだけは感謝しております。そしていぶきが色々サプライズをしてたんですけど、いぶきなりに色々考えた結果がああいう感じなので、ちょっと心大きく…(ハム子が「帰ったら親子喧嘩が待ってるからな」といぶきを脅す)ツムツムの時間をいぶきとの会話の時間にしてほしいというメッセージなので、その辺りよろしくお願いします。そして10月28日は、このICE×∞のベルトを賭けて世羅りさと対戦です。この日に防衛すれば自動的に大晦日の後楽園のメインイベントに立てるということ。世羅が変なこと言っておりますが、このベルトだけに集中して年末を迎えます。もう一度言いますね。私は爆破はやりません。以上です。」ときっぱり。
都は「ブタ、おめでとう!別に虐めてブタブタって言ってるわけじゃなくて、ちょっとでも痩せて欲しいなと思って言ってます。私62kgもないし、今日のエスカレーター乗っかられて右肩脱臼したかもしれないくらい痛かったんです。めっちゃ痛い。ちょっと!なんとかしてください。今日も勝てたんで、私は凄い頑張りました。28日の両国はジュリアとシングル。正直、今更鈴木秀樹さんが技を伝授したところで、凄いその名前を聞くと私は虫唾が走るんですけど、伝授した週プロの記事とかを読んでも、勝っても負けてもどっちでもいいから松本都の肩を脱臼させろっていう…今日既に脱臼しかけたんでヤバいんですけど、そういうこと言うのも信じられないし、噛み付きなんて反則だし、伝授したなんて言われても困るし、凄いもう嫌だなと思います。でもそういうのも全部私は受け止めたうえで勝ちます。Abemaの格闘代理戦争も見てたけども、彼女はプロレスラーであることが既に個性だと思っていて、何も爪痕が残せてなかった。凄くもったいないなと思いました。Abemaとか格闘技とか余所の世界に打って出ていくのであれば、私から学べることは山ほどあると思うので、そういうことも教えてあげるつもりで28日は勝ちます。優勝します。」と語り、
ハム子は「いや〜ここに立ってるのも凄く緊張するし、生誕祭って毎年やらさせていただいていて、カード決めるのは本当に楽しいんですよ。意味のあるカードをしてるつもりなんですけど、今日は皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?(お客さんから拍手)嬉しい!今日は後輩たちの頑張りを身体で感じたいって思ってて弓李、トトロ、沙弥を選びました。まだまだねぁ、私ピンピンしてるんだよね。もっともっとあなた達の最上級の技を食らっても今日は負ける気しなかったです。もっともっと上を目指していきましょう。そして私はあかねとシングルトーナメント初戦当たります。いつ以来のシングルか分かりませんけれども、あかねも増量して、最近の試合を見てると力強くなったなと感じてるので、気を抜かずにいきたいと思います。」と語った。
さらに円陣を締める際は「星ハム子、最年長36歳になったんですが、40歳50歳60歳までプロレス続けていきたいと思いますので、皆さんついてきてください!」と現役“まだまだ”継続を宣言した。




アイスリボン道場マッチ観戦上の諸注意
リボン直販
    ★発売中!
  • 2018/11/24
  • 2018/12/09両国
  • 2018/12/31
  • 2019/1/5横浜
  • 2019/1/5フランク興行
  • 2019/1/6SKIP
  • 2019/1/27名古屋
  • 2019/2/17大阪

    ★発売中!!
  • 2018/11/24横浜
  • 2018/12/2千葉
  • 2018/12/9両国
  • 2018/12/31ホール
  • 2019/1/5横浜
  • 2019/1/5フランク興行
  • 2019/1/6SKIP
  • 2019/1/27名古屋
  • 2019/2/17大阪
  • 2019/9/14文体
  • イベントレポート
  • 日刊真琴コール
    ツーカウント
    真琴いんアメリカ
    石井家のごはん
    しもうま家のごはん
    さくらいと
    電子パンフレット
    おはようニュース
    おはようリボン
    月刊アイスリボン
    19時女子プロレス