アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 12/31後楽園
  • 1/5フランク興行
  • 12/31後楽園
  • 1/5新春横浜
リンク
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2018年03月10日  開始時間 18時00分〜 / 開場時刻 17時30分

アイスリボン871 18時00分開始

「アイスリボン871」
2018年3月10日(土) アイスリボン道場
18時00分試合開始/17時30分開場
観衆:98人

◆第1試合 タッグマッチ15分1本勝負
×華 DATE&直 DATE(9分03秒 ギブアップ)華蓮 DATE○&つくし
※ヨーガ・サイクロン・フラミンゴ



1ヵ月ぶりに華が道場マッチに参戦。直とのタッグで華蓮&つくしと対戦した。久々の道場マッチにエキサイト気味の華に対して、タッグチームとして息の合った試合運びを見せる華蓮とつくしは集中攻撃を仕掛けていく。華蓮とつくしの連係に負けまいと直がパワフルな攻めで展開するも、直がバックフリップの体勢に入ると、直のボディに華がミドルキックを叩き込み、後方に投げ落とすのに勢いをつけようとするが、これはさすがに直にもダメージが…。最後は華と華蓮の一騎打ちとなり、強烈なローキックとミドルキックの打ち合いから、華の蹴り足をキャッチした華蓮がグランドに持ち込むと、ヨーガ・サイクロン・フラミンゴを決め華から初の勝利を飾った。
試合後、華「本日は華蓮に初めて負けました。華蓮には自分の弱点のところを攻められ、華蓮が凄い強くなったのに、自分が油断していたのがいけなかったんだと思います。この反省を次に繋げる為に、3月25日後楽園ホール大会、上を向いて歩いていきます。そこで後楽園ホールのカードが自分は決まっていません。自分の見た情報で、すいおち?すいおち?えーっと……あさころもさん?選手が後楽園ホールに参戦するとネットで見て、不思議な名前な方だと思いました。自分はまだお会いした事が無くてどんな方なのか分からないけど、対戦相手としてでは無くて、パートナーとして組みたいな〜なんて考えてます。名前が不思議な方だと思って。だって"すいらくあさころも"さんですよ?自分は華DATEっていう名前があるけど・・・」と語ると藤本が「名前は不思議かもしれないけど、あなたの頭の中も不思議ですよ。お互い不思議タッグって形で良いのでは?(すいおちあさころもではなく)水落麻衣(みずおちまい)選手です」と説明するが華は「いや、読めません」ときっぱり。とりあえず、華と「あさころも」のタッグが決定した。直は「今日は長女と次女が末っ子に負けてしまうという、最悪な事態でした。気持ちが緩んで来ているんのでは無いかと思うので、後楽園ホール大会に向けて気持ちを引き締めて、頑張って行きたいと思います」と語った。後楽園大会で、弓李、まる子とのトライアングルリボン次期王座挑戦者決定戦のつくしは「ホールのカードが決まって、まだ1勝も勝ててない自分がいます。でもホールはまる子さん弓李さんのどちらからではなく、ダブルフォールを獲ってみせます。そして今日久しぶりに華さんと対戦したんですけど、やっぱり自分は嫌いなタイプだなと思いました」、華蓮は「今日、久しぶりに華と試合して、華に直接勝つのは初めてだったけど、年末の後楽園の時の、やられたらやり返す、倍返しだ!ということで、今日の最後の技をずっと狙ってて、それを決められてスッキリしました。華と直に勝ったので更に自信がつきました。これから先輩からも勝ち星を増やしていきます。そしてつくしさんとも協力出来て良かったです。そして朝陽。高校合格おめでとうございます。私は今年で中学3年生になります。学年では一学年後輩ですけど、今日華と直にも勝ったし、プロレスとしては先輩として、インド王族武術プロレスの意地をお見舞いさせます。覚悟しておけや−!」と後楽園での朝陽とのシングル戦への意気込みを語った。

◆第2試合 シングルマッチ10分1本勝負
○宮城もち(8分14秒 エビ固め)松屋うの×
※メタボリックサンド



1年ぶりのシングルマッチ。前週に柔術の大会に出場し、銀メダルを奪ったうのは、その勢いで黒い胴着で登場。いきなりもちを豪快に投げ飛ばしてみせる。しかし、もちは流れには乗らずにマイペースで対する。コーナーにうのを追い詰め、腹ウォッシュならぬ尻ウォッシュで揺さぶると、ロープに追い込んでのボディアタック、バックドロップと、うのの動きを止め、最後はメタボリックサンドで叩きつけてカウント3を奪った。試合後、もちは「うの!プロレスの試合する時、何考えてるの?(うのが「勝ちたい」と答えると)じゃあ柔術の時は何考えて試合してるの?(うの「相手に勝ちたいって思っています」と答える)私には全然伝わらなかったよ。プロレスのこのリングで。伝わらなかったし、迷いすらあるように思えた。銀メダル2つ獲って来たんでしょ?凄いことじゃん、もっと胸張って、ぶつかって来て欲しかった。私はうののバーンぐらいじゃ壊れないから。一年ぶりに試合して、うのの成長見れて嬉しかったけど、もっと。次シングルやる時はぶつかって来て下さい。と言う事で、話は変り、なにやら雁之助さんが(3.25後楽園ホール大会に)参戦決定されてるんですよね?新人の頃、毎日一緒にいて、毎日練習見てもらって、たぶん(藤本、ハム子)お二人よりも長い時間一緒に過ごしたと思うんですよね。ちょっと盛っちゃいました(笑)。是非、雁之助さん絡みのカードを用意して頂きたいのです」と藤本にリクエスト。「雁之助さんも、もちと試合で絡みたいって言ってた。両思いなので、タッグか対戦か分からないけど組ませて頂きます」と了承。そしてうのは「先週、柔術の試合に出たけど、決勝で敗れてしまいました。今日も、もちさんに負けてしまいました。1年ぶりのシングルで、自分の良い所を見せたいと思ったけど。気持ちを切り替えられないまま対戦してしまいました。もっと、ちゃんと目的を持ってプロレスも武術も練習に励んでいきたいと思います」

◆第3試合 タッグマッチ15分1本勝負
雪妃真矢&○テキーラ沙弥(11分48秒 グラン・マエストロ・デ・テキーラ)星ハム子&星いぶき×



3月25日後楽園大会で行われるリボンタッグ王座戦の前哨戦。雪妃とハム子がタッグで対戦。その2人が先発するなど、お互いタイトルマッチを意識した動きを要所で見せる。ハム子の肉弾攻撃に対して、蹴りで応戦する雪妃。両者譲らないまま、試合は、ジュリア欠場で急遽の参戦となったいぶきと沙弥の攻防となり、一度は沙弥のグラン・マエストロ・デ・テキーラを切り返し、ラ・マヒストラルを決めたいぶきだが、これをしのいだ沙弥が再びグラン・マエストロ・デ・テキーラを決め勝利した。試合後、いぶき「自分は、バレーボールの試合があるので、今回後楽園に参戦出来なくて悔しいです。でもオープニングの挨拶で学校だろうが、売店だろうが、塾だろうが、どこにでもコスチュームを持って行くって言ったので、バレーの試合でもコスチュームを持って行きたいと思います。それで後楽園に参戦してる気分でバレーをやってきたいと思います」と語ると、藤本涙ぐみながら「こういうのって、いぶきだから言えることであって、学生だから、今しかない気持ちじゃないですか」と語ると、ハム子は「境遇的に一緒だよ。今しかないって。ユキの蹴り、凄い気持ちが伝わってきました。2008年組、今を生きよう、今しかないがモットーです。それしか無いの?って言われるかもしれないけど、それしか無いんです。でも個々の力では負けてるとは絶対思わ無いし、タッグ組んでも目が合うだけで次も何やるかって分かりますし、今しかない、今だけって言われようが、私たちはベルトを獲る事しか考えられない。そして文体を成功させる事。文体を超満員にしたいっていう気持ちが私たちの活力となっているので、私たちを見ていて下さい」と語った。沙弥は「3月の後楽園ホール大会は自分のデビュー記念と言いますか、丸2年になります。あっという間の2年。2年もプロレスやっていて、なかなか後輩にしか勝てなかったり、今日も勝って嬉しい気持ちはありますが、先輩に勝ってもっと喜びたいと思います。3月25日のホールは、MAT対Chu☆トロ!と言う事で、メダリストと、様子のおかしいスイカ(=この日の道場マッチの受付をしていたトトロがスイカのコスプレをしていた)と、力を合わせて、絆はこっちの方が絶対的に負けてないので、即席タッグみたいな、向こうはマットとか訳の分からない相手なので、私たちがメダリスト、スイカ、イカで勝ちたいと思います」と後楽園での6人タッグかしましトーナメント1回戦への抱負を語った。雪妃は「今日は前哨戦だけど、最後しっかり沙弥が勝ってくれてありがとうございます。2008年組、良いですね、同期とか、全然羨ましく無いけど。やっぱ2008年組とか言って。その絆笑っちゃいますよ。もちさんがフランク行ったから当てつけで組んでるんじゃ無いですか?あっちがダメだからこっちと組んでタイトルマッチ挑戦しますとか。負ける気しないです。昔、本当に羨ましくて、同期がいるって事が。だけど、今になったら同期がいない事が、私を強くしたかって自覚してるし、その同期がいない事で、同じく同期がいない世羅さんと出会って組んで、その絆を信じて私たちタイトルマッチに挑むので負ける気しないです」と藤本&ハム子を挑発した。

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
世羅りさ&○藤田あかね(14分16秒 片エビ固め)藤本つかさ&長崎まる子×
※みかんでポン



こちらもリボンタッグ前哨戦、世羅と藤本がぶつかった。さらにパートナー同士のあかねとまる子は、翌日の租税イベントで行われる租税タッグ王座を賭けて対戦する前哨戦。租税タッグ戦はカウント2を獲った者が、税金に関する問題の回答権を得られる試合形式の為、そのルールを意識した王者まる子は、カバーをカウント1ではね返すスピーディな攻防を展開。世羅と藤本の攻防もバチバチしたものとなり、お互いのパートナーがチェンジの手を出すも、これを拒否してさらに2人で殴り合いを繰り広げるなど、本番を思わせる気合の入った戦いを見せた。最後はあかねがまる子を捉え、カウンターの強烈なタックルからみかんでポンを決めてフィニッシュ。前哨戦に勝利したものの、途中、まる子と税金の種類を言い合いながらのエルボー合戦。まる子が次々と税の種類を出してくるのに対し、酒税、ビール税、ウーロンハイ・・・と答えたあかねには翌日に一抹の不安も残す結果になった。試合後、世羅「自分は同期がいました。だから同期の絆って素晴らしさは分かるけど、自分も今を大切にしてます。アジュールレボリューションの今、チャンピオン、それを大切に生きて行きたいので。今しかない2008年組、なんで今しかないんですかね?その理由も知りたいですが、今しか無いと思うなら、お互い全力でぶつかりましょう。ただ、"今しかない"としか言えないあなたたちには負ける気しないんで。」と語り、まる子は「今日は前哨戦でしたが、ちゃんと租税の勉強したのかな?と思って試合中に問いただしてみました。自分の記憶が正しければ、聞こえてきたもの、酒税、酒税からの、終いはお酒の名前を言っただけ。税金ですらない。お酒の名前を言うだけという結果で受けて、本当に大丈夫なのかな?そしてもう一つ、前説で言ってたと思うけど、租税の選手権試合は、ツーカウント取ったら回答権が与えられるというルール。今日は自分の方が沢山ツーカウント取っているので、今日の前哨戦は自分が勝ちです。明日は普通のプロレスだと思って来ないで下さい。明日防衛して、後楽園もしっかり勝って、ベルト、2冠目指して頑張ります」、あかね「確かにツーカウント取られましたし、酒税とか言ったら酒飲みたくなっちゃってウーロンハイとか言っちゃいましたけど、そういう駆け引きがあるの知ってますか?私が何も勉強してないと思ってますか?それは明日お楽しみということで。後楽園ホール、カード決まって無いのワシだけ?雁之助さんともちさんが試合で絡むと。ハードコアやりましょうよ。雁之助さんと相思相愛なら組んだら良い。ハードコアでのワシのパートナーと言えば、あの方がいるじゃないですか。今度こそ息の合ったとこを見せたいと思うので。そこんところお願いしてもらって、自分もそのカードに含めて下さい」と申し出た。藤本は「分かりました。パートナーが誰なのか全く予想ができませんが、きっと大物を呼んでくれるのですね」とあかねの申し出を了承。「(ハム子に)私たち今しかないよ。今しかね、2008年組。夏以降はバラバラになると思う。でもそれって私たちだけじゃなくて、みんなもそうだと思う。今約束なくても当たり前のように会えるけど、そうじゃなくなる日も絶対に来る。今を大事にしないといけない。いつも試合出来る事が当たり前じゃない。これは奇跡だと思う、こうやってお客さんに観てもらえる事も奇跡。今しかないから、たくさんの興行がある中でアイスリボンを選んで来てくれた方たちに対して、今のアイスリボンを見せつけないといけないと思っています。だから後楽園に来て欲しい。それに尽きます。アイスリボンの「今」というのが後楽園のテーマになるんじゃないですかね。私たちの今を観に来ていただければと思います」と語った。

アイスリボン道場マッチ観戦上の諸注意
リボン直販
    ★発売中!
  • 2018/12/31
  • 2019/1/5横浜
  • 2019/1/5フランク興行
  • 2019/1/6SKIP
  • 2019/1/27名古屋
  • 2019/2/9横浜
  • 2019/2/17大阪

    ★発売中!!
  • 2018/12/31ホール
  • 2019/1/3新春道場マッチ
  • 2019/1/5横浜
  • 2019/1/5フランク興行
  • 2019/1/6SKIP
  • 2019/1/27名古屋
  • 2019/2/9横浜
  • 2019/2/17大阪
  • 2019/9/14文体
  • イベントレポート
  • 日刊真琴コール
    ツーカウント
    真琴いんアメリカ
    石井家のごはん
    しもうま家のごはん
    さくらいと
    電子パンフレット
    おはようニュース
    おはようリボン
    月刊アイスリボン
    19時女子プロレス