アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
  • 8/27後楽園
  • 8/15〜8/17
  • 8/6
  • 8/6
  • 8/6
  • 8/27後楽園
  • アイスリボンch
  • アイスリボンch
  • アイスリボン応援店
  • 新人&サークルメンバー募集
  • 新人&サークルメンバー募集
  • ルチャサークル
  • 選手画像などの無許可使用について
  • アイスリボンとは
  • アイスリボン道場マッチ観戦上の諸注意
  • イベント開催パッケージプラン
  • スポンサー募集
  • 王者遍歴
  • アイスリボン道場ご案内
リンク
  • ニコニコプロレスチャンネル
  • サムライTV
  • プロレスの街
  • マッスルビーナス
  • クレイジズム
  • スリーカウント
  • 太陽からプランチャ公式HP
  • 映画「電エースタロウ」
アイスリボンLINE アイスリボン携帯サイト

2017年02月11日  開始時間 18時00分〜 / 開場時刻 17時30分

アイスリボン785〜ちょっと早いバレンタインリボン 18時00分開始

「アイスリボン785〜ちょっと早いバレンタインリボン」
2017年2月11日(土) アイスリボン道場
18時00分試合開始/17時30分開場
観衆:126人(超満員札止め)

◆第1試合 シングルマッチ10分1本勝負
×長崎まる子(7分31秒 スクールボーイ)松屋うの◯



昨年9月24日アイスリボン757以来、5ヶ月ぶりに3度目のシングルマッチ。串刺しドロップキック、カウンターのドロップキックで先制攻撃を仕掛けるまる子に対して、逆エビ固め、場外にまる子を落としてのエプロンからのセイバーチョップで反撃に出るうの。リングに戻ったまる子はドロップキックからのまる投げ、さらにもう1発を狙うが、これをこらえたうのは連続スクールボーイ。全てカウント2で返したまる子の猪突猛進もカウント2で返したうのは、スピアを決め、まる子を肩口に抱え上げる。いつもなら肩口に持ち上げて、すぐに俵落としの形でマットに叩き落とすうのだが、この日は抱えた状態でまる子を振り回してからマットに叩きつけた。目が回っている状態のまる子にスクールボーイでうのがカウント3を奪取。初めて自分よりもキャリアの上の先輩を倒したうのはコーナーに駆け上がり喜びを爆発。敗れたまる子は「負けてしまいました。けっこうショックで言葉が出ない気持ちです。うの氏は自分と一緒に練習する相手。もっと練習して、うの氏に負けない先輩になります」とショックは隠し切れず。一方のうのは「勝ったぞーっ!先輩に勝ったーっ!やったーっ!めちゃくちゃうれしい。この調子でどんどん練習して、自分の良い所がもっと出せるように頑張っていきます。自信につなげます!」と座談会でも興奮冷めずの様子だった。

◆第2試合 トライアングルリボン15分1本勝負
×星ハム子(10分02秒 みやここクラッチ)松本都◯
※もう1人は宮城もち



らぶりーぶっちゃーずの2人と都によるトライアングルリボン。らぶっちゃの2人を相手に挑む都は、2人を束ねてのコブラツイスト、ジャイアントスイング(=1度も回せず)、みやここクラッチ、さらに2人をうつぶせに重ねての逆エビ&ラクダ固めと、様々なバリエーションで勝負に出る。一方のらぶっちゃは都を排除して、らぶっちゃ対決で会場を沸かせるが、最後はもちと都を並べて寝かせて放ったハム子のダイビングボディプラス透かされ、そこを都がハム子にみやここクラッチに決めてカウント3。試合後、もち「トライアングル苦手です。でも戦っても相性が良い。組んでも相性が良い。こんなパートナー、他にはいないと思います。ねっハムさん。最近組めてないので、近々組めたら良いなと思います」と語り、ハム子も「今日、何年ぶりにトライアングルをしたんだろう。悔しいーっ。今日、都に負けたんだよ。最悪。本当に寝られない。本当にあり得ない。でも今日、都と久々に試合をして、トライアングルを、けっこう経験しているので、都は頭はいいなと思いました。プロレスはちょっとね、動け無いかもしれないけどね(笑)もちは戦っても良い相手だなって思ったし、もちとシングルをしたくなったし、タッグも組みたくなりました」ともちに同調。都は「IQも高いし、頭もいいし、学歴も…(=後ろからハム子にはたかれる)痛っ!マイクに歯が…。頭良いので、トライアングルはすごく得意です。めっちゃ楽しかったです。熱帯雨林の中のたんぽぽのような気持だったんですけど。プロレス楽しいです」と喜びを語った。

◆第3試合 タッグマッチ15分1本勝負
◯世羅りさ&雪妃真矢(11分36秒 片エビ固め)藤本つかさ&テキーラ沙弥×
※ダイビングダブルニードロップ



昼のWAVE後楽園大会で、WAVEタッグ王座に挑み、王座獲りならなかったアジュールレボリューション。仕切り直しの第1戦の相手は藤本&沙弥の同い年タッグ。アジュレボは要所要所でタッグとしてのコンビネーションを活かし、藤本をコーナーに釘づけにしておいて沙弥に攻撃を仕掛けていく。なんとか沙弥をアシストしタッチを受けると反撃に出る藤本だが、藤本の個人のインサイドワークに対して、アジュレボはタッグのインサイドワークで応戦。最後も世羅が沙弥に、雪妃が藤本に同時セラリズムを決める連係をみせ、世羅がダイビングダブルニーでフィニッシュ。WAVEでのタイトル戦に敗れたことを払拭する快勝だった。フォール負けを喫した沙弥は「2月8日のよしもとさんとのコラボイベントをさせて頂いて、その時にはすごく輝いていたはずなんですけど。今日の試合は5月1日のよしもとさんとのイベントの時に漫才をやるメンバーだったんですよ。なので、今日も輝けるか?と思ったんですが残念でした」と苦笑い。「お昼にWAVEさんの後楽園大会に参戦し、タッグベルトに挑戦して来たけど、キスをされ、恥ずかし固めを掛けられ、ぞうきんで顔を拭かれ、散々な結果で帰ってまいりました。でも2人でアジュレボとしてドンドン色んな人と対戦して行きたいと思っております」と語る世羅に、雪妃も「夢に出てきそうな、色んな事が昼のリングであったんですけど、ベルトを獲らなかったのは残念ですけど、そんなに簡単に獲れるものでは無いので、これから何度でも色んなところで挑戦していけたら良いなと思っています。まだまだ進化します、アジュールレボリューション」と前向きに語った。

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
◯つくし&柊くるみ(13分36秒 片エビ固め)弓李×&尾崎妹加
※ダイビングフットスタンプ



前回の道場マッチで妹加との下剋上タッグを結成した弓李。その初陣の相手として指名したのは次期リボンタッグ王座挑戦チームのTHIS IS ICERIBBON。文字通りの下剋上を狙っての一戦となった。開始早々、くるみを場外に蹴散らして、つくしにダブルのハイアングルキックを決めた下剋上タッグだが、奇襲攻撃でチームワークを分断できるほど、THIS IS ICERIBBONのチーム力は甘くない。あっという間に流れを戻し、つくしのハイスピードとくるみのスーパーパワーで下剋上タッグを追い込んでいく。しかし、下剋上タッグも初陣で簡単に破れる訳にはいかない。初タッグとは思えない連係、タッチワークを随所にみせ、堂々真正面から勝負に出る。下剋上タッグの持ち味は弓李のテクニカルな動きと切り返しで仕掛けていくグランド技のバリエーション、そして妹加のパワー。2人のスタイルが違うあたりはTHIS IS ICERIBBONとも共通する部分であり、試合は四者四様の持ち味が活きたメインに相応しい熱の入った攻防となった。最後は下剋上タッグを並べて寝かせたTHIS IS ICERIBBONが、それぞれ対角コーナーからつくしがダイビングフットスタンプを弓李に、くるみがダイビングボディプレスを妹加にほぼ同時に放つ豪快技でフィニッシュ。タッグチームとして一日の長があることをアピールした。試合後、妹加が「今日はTHIS IS ICERIBBONから勝利を勝ち取って、最後に下剋上タッグが締めたかったんですけど、勝ちを取る事は出来ませんでした。まだまだ甘くないと思います。でも私たち下剋上タッグはまだまだこれからも下剋上していきます」と意欲的に語ると、弓李は「今、泣いていちゃダメなんですよ。もっと上を。ここで負けたから止まっているんじゃなくて、もっと下剋上して行きます。なので次はらぶりーぶっちゃーずと対戦がしたいです」と次の対戦相手にらぶっちゃを指名。名指しで指名されたらぶっちゃが「らぶりーぶっちゃーずも指名受けるようになったんですねえ。アイスリボンにもタッグチームが増えてきて、らぶりーぶっちゃーずが一番長いタッグチームだということを、一番浅いタッグチームに見せつけてやりたいと思います」(ハム子)と快諾したことにより、両チームの試合が18日の道場マッチで組まれることが決定した。そして勝利したTHIS IS ICERIBBONはつくしが「下剋上タッグ、すごく良いですよね。あれ?皆さん。ホントです…皆さん…」と語るが観客の反応が今イチ。藤本が「つくしは何を言っても信用されてない雰囲気が。たぶんくるみが言った方が良いかな。もう1回、同じこと言って」とくるみに振る。くるみが「下剋上タッグ、めっちゃ良いですよねえ」と評すると観客席は大拍手。「すごい良かったので、リボンタッグのベルト、自分たち必ず巻くので。挑戦しても良いぐらいすごかったなって言いたかったんです」とつくし。くるみは「でもタッグっていうのは仲が良いだけじゃダメなんですよ。お互いライバル同士で意識しながらもタッグを組んでいった方が、もっと良いタッグになると思うので。2人にはお互いライバル関係でありながらタッグを組んで欲しいなって思いました」と下剋上タッグにアドバイスを送り「自分たちも、もっと上を目指して、プロレス界のトップに立ちたいと思います」と胸を張った。

そして座談会終わりで、毎年恒例となっている選手からお客さんへのバレンタインチョコのプレゼント抽選会があり、最後はリアルバレンタインデーが29回目の誕生日となる紫雷美央にバースデーケーキのプレゼント。


「子供が出来たら、自分の誕生日なんて二の次なんで。このように祝ってもらう、最後の誕生日だと思っています。噛みしめて、今、ありがたいと思っています。みんなに祝ってもらえて本当にありがたいです。元気な子供を産みたいと思います」と美央。最後の円陣も美央が「バレンタインデーでハッピー!アイスリボン!」で締めた。




アイスリボン道場マッチ観戦上の諸注意
リボン直販
    ★発売中!!
  • 2017/8/15_8/17

    ★発売中!!
  • 2017/8/6せらリボン
  • 2017/8/13両国大会
  • 2017/8/15_8/17上野
  • 2017/8/27後楽園大会
  • 2017/9/3大阪大会
  • 2017/9/23横浜大会
  • 2017/10/9両国KFC大会
  • 2017/10/29後楽園大会
  • 2017/11/23横浜大会
  • イベントレポート
  • 日刊真琴コール
    ツーカウント
    真琴いんアメリカ
    石井家のごはん
    しもうま家のごはん
    さくらいと
    電子パンフレット
    おはようニュース
    おはようリボン
    月刊アイスリボン
    19時女子プロレス